世界の自殺者80万人超え 最多はインド、WHO報告

参考:2014年9月4日(木) 配信 朝日新聞

世界保健機関(WHO)によると、2012年の世界の自殺者数(推計値)は合計で80万人以上に達したと公表、各国にカウンセリングなどの対策を求めています。 自殺防止に関する報告書によると、2012年に自殺者が1万人を超えている国は、25万8075人のインドを筆頭に、中国(12万730人)、米国(4万3361人)、ロシア(3万1997人)、日本(2万9442人)、韓国(1万7908人)、パキスタン(1万3377人)など11カ国に上ります。 人口10万人当たりでの比較では、南米のガイアナが44.2人で最多。続いて北朝鮮(38.5人)、韓国(28.9人)となっています。実数で最多のインドは21.1人、日本は18.5人となっています。 WHOはカウンセリングなどによる自殺防止策を推奨しており、殺虫剤や銃器を使った自殺が多いとして、これらの入手を制限することも対策として有効だと述べています。
Dr.堤より 人間の尊厳とは?