歯ブラシがスマホと連動 サンスターが機器発売へ

参考:2014年12月25日(木) 配信 共同通信社

12月24日、サンスター株式会社は、歯ブラシに取り付けて歯磨きにかけた時間や磨き方の癖などのデータを測定する小型機器『G・U・M PLAY(ガムプレイ)』を開発したと発表しました。 このアタッチメントは専用アプリをダウンロードしたスマートフォンと連動し、データの記録などを行うもので、日々の健康管理などに活用してもらうのが狙いとのことです。 2016年4月18日 製品化されました! 『G・U・M PLAY』公式サイト 関連記事 使用時の歯ブラシの振動を音声データに変換し、スマホを用いた音楽演奏やゲームも可能。 さらに、サンスター製品以外の歯ブラシにも取り付けられるとのことで、普段使用している歯ブラシのグリップに『G・U・M PLAY』のアタッチメントを取り付けて歯磨きをするだけ。 アタッチメントは、そのまま歯ブラシスタンドにもなるという仕組みです。 サンスターは「健康管理に役立てるのはもちろん、歯磨きの時間を楽しんでほしい」としています。 G・U・M PLAY G・U・M PLAY
Dr.堤より 歯ブラシケアのログデーターで磨き方動かし方、スピードが分析できる? Gセンサーや傾斜センサーなどが付いた電動歯ブラシでスマホに自動記録できるヘルスケアなどと連動したものができると、良いね。