みんなのニュース「高齢者が”怒る”なぞ」【5月18日放送】

参考:2016年05月18日(水) 15時50分~19時00分/フジテレビ

シュザイブ「“キレる”高齢者」 今ネット上にはキレる高齢者の映像が溢れているといいます。しかし高齢者本人も怒りの原因について戸惑っています。そこでシュザイブでは高齢者の脳を分析し新たな取り組みを追いました。 公共の場で「クソガキ!」…突然怒る高齢者 映像では、杖を振り回して若者に怒る女性の高齢者や優先席で若者がスマートフォンを使っていたことに抗議し駅員にキレる高齢者の姿がありました。データによると、駅員などに対する暴力行為は60代以上が最も多いのです。他にも、お店で商品がないことにキレる高齢者やイベント会場で「開始を早めろ」と怒る高齢者の映像も紹介しました。中には事件になることも。兵庫・加古川市で3月、75歳の男がタバコのポイ捨てを注意した小1男子の首を絞め逮捕。去年6月には、JR京浜東北線の電車内で71歳の男が隣に座っていた会社役員と口論に。会社役員が持っていたタブレット端末を巡って騒ぎになり、男はその後刃物を振り回したため逮捕されたといいます。一般刑法犯の検挙数も高齢者だけが増加。何故怒るのか高齢者に話を聞くと、本人たちも「分からない」などと戸惑っていました。 脳波実験で分かる?…高齢者が”怒る”なぞ 高齢者と若い人の怒りの反応について研究している名古屋大学で取材。専門家は、怒りを抑える鍵は脳の前頭葉にあると指摘しました。「車を運転し4分以内に目的地へ到着することを目指す」という実験を20代と高齢者で行うが、意図的に発生させられた渋滞により目的地に間に合わない状況で脳の動きを比較すると、脳の攻撃性は高齢者が高いという結果になりました。専門家は、「若者も高齢者も渋滞の状況ではイライラするが若者は前頭葉で気持ちを抑える働きが強く働く。しかし高齢者は前頭葉の機能が弱まっていると考えられる」と話し、高齢者がキレる理由の1つとして加齢による前頭葉の機能低下が考えられると指摘しました。 一方病院によると、前頭葉の萎縮による病気「前頭側頭型認知症」があるといいます。この病気と戦っている高齢者の男性は、「万引きを3回程してしまったが何故したのか分からない」とコメント。男性の妻は「毎日疲弊している」と嘆いていました。次は 現代社会に“キレる”ワケが・・・ キレる高齢者の増加について、社会的な孤立が原因と指摘する専門家も。家族、近隣、行政からの孤立があり、特に家族からの孤立では人との信頼関係がなくなるため犯罪抑止力が低下してしまうといいます。事実、高齢犯罪者1万人のうち強盗・詐欺罪の約6割がほとんど子どもとの接触がないという結果があります。孤立を防ぐために、千葉・流山市では独り身の高齢者が集まる場所を提供するNPO法人も。高齢者の怒りを防ぐには社会全体のケアが必要です。
Dr.堤より お口のお手入れができていない、前歯が歯周病でグラグラ、奥歯がすでになく、入れ歯もあっていない。 こういう、噛み合わせが悪い高齢者は、脳の活動が低下しているのです。