レクサスが中国で生産されない理由は「こ・だ・わ・り」 真似できない=中国メディア

参考:2014年7月12日 配信 サーチナ

トヨタが世界で展開している高級車ブランド「LEXUS(レクサス)」は、現在中国での生産は行われていません。 中国メディアの新快報には、中国での生産を行わないレクサスについて「中国人消費者からすれば頑固にも思える」とする一方、日本国内での取材を通じてレクサスが持つ「こだわり」を実感したとする記事が掲載されました。 新快報記事では、レクサスのクルマづくりに対し「顧客至上主義」であると高く評価したうえで、そのこだわりぶりには「まるで茶道のよう」だと形容されています。 茶道では、「茶師は相手に最高のお茶を供するために茶具や茶葉を徹底して選ぶもの」であると紹介、レクサスの生産においても「工匠」たちは車の材料から徹底した選定を行っていると伝えています。
レクサスが材料を厳選している一例として、座席に使用される革について取り上げた。「天然皮革のうち、レクサスの基準に合致するものは10%ほどしか存在せず、さらに数回にわたる選別を経て、最高の質感と滑らかさを持った皮革だけが2カ月をかけてレクサスの座席になる」と紹介した。  また、レクサスの安全性についても紹介し、レクサス ESの塗装工程は42工程に達し、さらに6回も塗装を繰り返すと紹介。さらに「品質検査においては4000カ所以上において200種類の検査が実施されている」と伝えた。
記事はそのほかにも、レクサスの生産は「人間による生産」を高度に重視していることや、「匠」と称される熟練工が複数いることを紹介しています。 「匠の技と経験こそ、レクサスの生産現場における最大の財産」とし、レクサスの日本での生産現場には「中国の自動車製造において到底まねのできない仕組みがあった」と驚きを示しています。
Dr.堤より ホワイトファミリーの歯科治療の工程のこだわりと重なる。 匠の技だけでない。 さらなる検査とアイデアとデザインアートがあってこそ。 進化する。毎回の治療工程で改善案。