子の歯科健診中に血液検査 神奈川県大和市、親の待ち時間有効活用

参考:2015年1月20日(火) 配信 神奈川新聞

神奈川県大和市は4月から、1歳6か月児の歯科検診時に親の血液検査も行う「親子de健康診査」を開始します。 これは、子どもの健診の待ち時間を活用し、親の健康チェックに有効利用してもらおうという試みになります。 現在編成中の2015年度一般会計当初予算案に、関係する約1140万円を盛り込む予定。 東京都武蔵野市などが、子どもと親の歯科健診を同時に行っている例はありますが、大和市のように違う種類の健診を組み合わせるのは全国的に珍しいそうです。 同市、市健康づくり推進課によると、親の血液検査は血糖値や血中脂質、肝機能などを調べるもので、無料となっています。診断結果は郵送され、健診中の保育サービスも行うとのこと。 14年8月の保護者向けアンケートで「子どもの健診時に母親の健診があれば受診するか」と聞いたところ、89.0%が「希望する」と回答を寄せたこともあり、同時実施に踏み切ったとのこと。歯科健診の受診率は13年度は90.9%と高く、この受診率を親の健康チェックの受診率につなげたい考えです。
Dr.堤より 幼少期からの歯科での定期健診を習慣にするために、親の利便を考えるのは、良いアイデア。