砂糖業界が研究に干渉

参考:2015年4月7日(火) 配信 共同通信社

米国の砂糖業界は、1950年には砂糖が虫歯の原因と知っていたが、砂糖の消費が減らないよう、国の虫歯予防策に干渉していた――そんな論文を米カリフォルニア大のチームが米医学誌プロスメディシンに発表しました。 これは業界に協力した科学者の書類を分析したもの。 米国立研究機関が66年に虫歯根絶計画策定を表明すると、業界は財団をつくり、歯垢を防ぐ酵素などの研究を推進しました。 その一方で研究機関に働きかけ、そうした研究を計画の柱に据えることに成功したとのこと。 しかし実用化には至らず、それまで「砂糖消費削減は現実的対策ではない」との見解だった研究機関側も77年には砂糖など食品との関係の研究に転じました。 同チームは、「公衆衛生研究は業界の影響を受けないようにすべきだ」と指摘しています。
Dr.堤より