HIV感染者、20代過去最多に 昨年、東京で148人

参考:2015年4月9日(木) 配信 朝日新聞

東京都は、2014年に都内の保健所や医療機関で新たに確認されたエイズ患者とエイズウイルス(HIV)感染者の合計が、前年より43人多い512人だったと発表しました。20代のHIV感染者は148人と過去最多となります。 都は若者の間でエイズ予防の知識が不足しているとして対策に乗り出しています。 都によると、発症した患者は97人で前年より13人減となりましたが、感染者は415人で56人増となったとのことです。患者・感染者の97%は男性が占めています。 自己申告をもとにした患者・感染者の感染経路の推定では、同性間の性的接触が373人(73%)で、異性間の性的接触が91人(18%)。原因不明やその他(母子感染、注射器の使い回しなど)は48人となっています。 年齢別では、感染者は20代が最多の148人(36%)、30代が135人(33%)で20~30代で7割近くを占めています。未成年は3人、そのほかは40代98人、50代20人、60代以上11人。 一方、患者は30代が最多の35人、40代31人と30~40代の割合が高くなっています。そのほか、50代が12人、20代と60代以上がともに9人、未成年が1人でした。 HIVにより免疫機能が低下し、治療しないと数年から十数年で発症しますが、薬で治療することで発症を抑えることができると言います。 都は、若い人にもHIV感染の予防の知識を身に付けてもらおうと、池袋保健所などで開いている「エイズ・性感染症の情報ラウンジ」を今年度から都内の青少年施設に拡大。研修を受けた20代スタッフが性感染症の相談にのり、コンドームの正しい保管方法やLGBT(性的少数者)の支援団体から性感染症対策について聞きます。 都の担当者は「治療をすれば、健康な人と変わらない生活ができる。知らないうちに感染を拡大させないためにも、心当たりのある人は積極的に検査を受けてほしい」と呼びかけています。 都が実施するHIV検査の受検者は昨年、2万7531人(前年比1198人増)となっており、検査は都内の保健所と南新宿検査・相談室(渋谷区)で匿名、無料で受けることができます。
Dr.堤より 感染の怖さは5年ごとに、社会で大きくアッピールしていく必要性を感じる。 10年もたつと、貴重な経験情報は若い世代には再度、情報伝達しないといけない。