歯科治療・水に細菌…機器に滞留し増殖 対策不十分

参考:2015年8月27日 配信 読売新聞

歯科治療では通常の水道水が使われているが、治療装置の維持管理などが適切に行われないと、多くの細菌に汚染された水で治療が行われる心配がある――
日本歯科医学会の作業班は、昨年まとめた指針で、治療用水の細菌対策として消毒液の使用を勧めています。

歯を削ったり、歯の汚れを除去したりする治療は、患者の口の中に機器から水を注入しながら行われます。この水は、治療が行われない時は、患者が座るチェアに備えられた細い管内に滞留します。
時間が経つと水道水の塩素が抜け、もともと存在している細菌が増え始め、その細菌が集まってバイオフィルムを管内に作り、細菌がさらに増えやすい環境になってしまいます。

普段はこういった水が体内に入っても、体に備わった免疫機能によって、細菌が問題を起こすことは少ないとみられています。
しかしながら、水の細菌汚染を研究している東京医科歯科大学教授 荒木孝二さんは「高齢者など免疫機能が衰えた人が大量の細菌にさらされると、発熱などの症状が表れる可能性がある。院内感染対策として細菌は少ないに越したことはない」と話します。
荒木さんが班長となりまとめた日本歯科医学会作業班の指針では、細菌の増殖を防ぐために、チェアの管に消毒液を毎日入れることを勧めています。
ただし、こうした消毒液を注入できるチェアは販売されてはいるものの、それを導入している歯科医院は一部で、消毒液による対策は普及していないと言います。

消毒液の注入の代わりに多くの施設が導入しているのが、チェアの管内にたまった水を、診療前に数分間、水を流しっぱなしにすることで、細菌が少ない新しい水道水に入れ替える方法です。
ただ、この方法では、バイオフィルムの付着の程度や、元々の水道水に含まれる細菌数などの条件によっては、水道法の水質基準を満たさない場合もあるとのことです。
また、この水の排出も手間や時間がかかるのを理由に、診療前に行わない歯科医療機関も存在すると言います。

厚生労働省歯科保健課は「歯科で使う水も、水道法の水質基準を満たすことが重要だ。水の排出に加えて、消毒液の注入も示されているが、費用対効果も含め、研究が尽くされたとはいえない。」「今後、国の研究費などで対策を研究していきたい」としています。

Dr.堤より
多くの歯科医院では、毎日のメンテの中で、細菌の増殖がないような、処置をしている。
当院でも各チェアへの配水は、電気的に分解して生成した、酸性水を流し、配管は腐食しないテフロンチューブにしてある。しかしこういう歯科をターゲットにした不適情報の発表は事前に歯科医師会などにその真偽を確かめていないはず。
こういうことで、設置器具の業者が儲けるはずだが、前回のタービン内の使い回し情報と同じで、非常に不愉快です。
新聞社はしっかり自分の足で、各歯科の情報を集めてそのエビデンスを基にこういう記事を載せるべきで、噂の類を基にした、エビデンスのない告発調の記事は問題だ。