健診「合格」40歳以上は17%…健保連調査

参考:2016年7月6日 (水)配信読売新聞

 40歳以上のサラリーマンで、血圧や肝機能など健康診断の主要4項目が全て「基準値範囲内」の人はわずか2割にも満たないことが、健康保険組合連合会(健保連)の調査でわかりました。  健保連は、食事や運動など生活習慣の見直しによる改善を呼びかけています。  健保組合は、大企業の会社員や家族約3000万人が加入しています。このうち、433組合に加入する40~74歳の会社員270万4234人について、2014年度の血圧、脂質、血糖、肝機能のデータを調べました。  その結果、4項目全て基準値範囲内の人は約45万人で全体の17%しかいませんでした。半数にあたる約136万人は、1項目以上が「医療機関の受診を勧める数値」となっていました。「受診は必要ないが保健指導が必要な数値」の人は約89万人(33%)いました。
Dr.堤より 日本人は、ケチで、自分の健康まで、節約志向だ!検診が無駄だと思って、節約する?