「恐怖のアレルギースペシャル!」ザ!世界仰天ニュース【6月15日放送】

参考:6月15日(水) 21時00分~21時54分/4ch日本テレビ

ナゾの多いアレルギー プロゴルファー岡村咲は10歳からゴルフを始め、父・茂和さん指導の元、才能を開花させました。四国・徳島からの参戦は大変なためマイクロバスを購入し後部座席を畳敷きに改造しました。その思いに応えるように咲はジュニアに出場し、優勝を重ねました。高知中央高校に入学するとゴルフ部に在籍し寮生活を始め、様々な大会に出場しました。高校2年生の終わりごろ、だるさと咳で風邪のような症状に見舞われました。運動についていけず階段をのぼるのも辛くなったので、血液検査を受けると運動は止めた方がいいと言われました。吐血するようになり授業にも出られなくなり、咳が酷すぎて病状はメールで報告するようになりました。父・茂和さんは「やりたくない病とかダラダラ病みたいな、そんな様なものじゃないかなというくらいにしか思ってなかったんですね」と当時を振り返りました。咲は血便や脱毛に悩むようになり精神的なものと診断されました。高校卒業と同時にプロに転向すると厳しいトーナメントツアーに参戦。ここで再び父娘がタッグを組みました。マスクを付けてプレイをしたが咳で集中力を奪われ飛距離が出ません。脱毛の量も凄まじく1度で排水口が詰まるほどでした。独自に勉強していた母は食べ物のせいだと見ました。 しかし、どの病院へ行っても詳しい検査をしてもらえませんでした。3年連続でツアー出場資格を獲得しスポンサーも付きました。プロ4年目の2014年、スポンサー企業の紹介で訪れた病院で遅延型食物アレルギーだと判明しました。一般的な食物アレルギーはアレルゲンとなる物を食べて30分以内に発症するが遅延型食物アレルギーは食後数時間~数日たって発症するため原因が食べ物だと気付きにくいのが特徴です。また、蕁麻疹が出たりするわけではなく疲労感や頭痛など消化器系の症状が出る事が多く、血便・脱毛は遅延型食物アレルギー反応によるものかまだ明らかではありません。検査の結果、咲は小麦、卵、乳製品、発酵調味料でアレルギー反応を起こす事が分かりました。また、サトウキビで作られた砂糖も食べられず米、肉、果物、野菜、魚は食べられますが調理法があまりないのです。現在の咲はアレルゲンを口にしないよう原材料の表示を確認し実で料理するようになりました。父は再びマイクロバスを購入し車内で自炊しながらツアーに参戦しています。食べ物に対する誘惑に負けた事が1度だけあり、バウムクーヘンをひとつまみだけ食べた時、息が詰まるほどの突然の発作が起きました。 自覚するアレルギー! 重盛さと美は、「私も遅延型食物アレルギーで小麦が引っかかったんですけど、だるさとかうつになったりする。私も自分ってこんなにやる気ないんだろうって、週3しか働きたくない病にかかったんですよ。抜いたら1週間後くらいから…今は週5働いてます」と話しました。また、ハチミツと生姜、薬の自覚症状がありアレルギーで顔が腫れ上がってる写真を公開しました。千原ジュニアは日焼け止めを塗って海で遊んでいたら顔が腫れてしまいました。 窪田正孝のアレルギー検査結果! ゲスト達が行ったアレルギー検査が発表されました。窪田正孝の自覚症状は花粉症ですが結果はスギ、豚肉、ピーナッツ、エビ、ネコ皮膚でした。食物アレルギーの場合、食べてもアレルギー症状がでなければ大丈夫ですが症状が出たら避けた方がいいでしょう。 重盛さと美のアレルギー検査結果! 重盛さと美の自覚症状は生姜、ハチミツ、金属、整髪スプレーですがアレルギーになるものはありませんでした。金属も食べ物に含まれている事もあるのでそういう物質でアレルギー症状が出た可能性もあります。 菊地亜美のアレルギー検査結果! 菊地亜美の自覚症状はハウスダスト、リンゴ、モモ、サクランボ、ナシ、ビワ、マンゴー、トマト、豆乳、ネコですがアレルギーになるものはありませんでした。千原ジュニアが菊地の人アレルギーについて話題を出し、その相手を聞かれた菊地が「高畑裕太」と答えました。 ナゾの多いアレルギー バウムクーヘンを食べた咲は8時間も意識を失っていました。現在でも急に容体が悪くなる事もしばしばで倦怠感、動悸は今も続き頭痛は酷くなってきています。血便も時々あり近々腸の検査を受けています。スポンサーが運営するゴルフ場では特別に咲さん専用のメニューを提供しています。 なぜ彼女は命を落としかけたのか? ある人物に話を聞くため静岡県の病院で取材を行いました。ある女性は6年前、風邪薬でアレルギーを発症していました。 2010年8月、18歳の女性は4月から愛知県にある看護学校に通っていました。学校が終われば夜遅くまでアルバイトをしていました。看護学校が夏休みの8月下旬、バイト先の店長から急遽バイトに入って欲しいという相談を受けました。風邪をひいたのか体調が優れませんでしたが、嫌と言えない性格だったので出勤。しかし、翌日以降も体調はよくならず市販の解熱剤を飲みました。薬が効いたのか体はずいぶんと楽でしたが、頭痛があったので普段から使用している頭痛・生理痛の薬を飲んで1日体を休める事にしました。すると息苦しく唇が痛くなったので鏡を見ると、ニキビのようなできものが出来ていました。唇のできものは赤みを帯びて広がり、医者からヘルペスと診断されました。塗り薬を処方したあと眠りにつくとその夜、症状は悪化し唾液さえ飲み込めなくなりました。声が出なくなったのでメールで状況を伝え、終電で実家のある静岡県へ戻りました。母はすぐに娘を連れ市内にある病院の救急外来を受診すると処方された薬を使用しました。 翌朝、身体中に発疹ができていました。皮膚科医による診察の結果、ウイルス感染による中毒疹だと診断され入院しました。だが、トイレへ行くと尿道口がただれ激痛で排尿が出来なくなっていました。症状は悪化し発疹は腕や顔にもできていました。すぐにステロド大量療法が施されました。市販の風邪薬を使った事から医師は「スティーヴンス・ジョンソン症候群」を疑いました。薬やウイルスなどに対して免疫機能が過剰に反応して起こるアレルギー疾患で、100万人に3人の確率で発症し正確な発症過程は不明。高熱・発疹・水ぶくれ・粘膜炎症が短期間に現れます。眼は炎症によってまぶたの癒着や角膜が侵されるため、高頻度に視力障害などの後遺症を残しやすくなります。失明や合併症などにより死に至ることもあり、難病指定されています。服用した2つの薬に含まれるアセトアミノフェンかイブプロフェンのどちらかにアレルギー症状が出たとみられますが、2つの成分は危険な成分ではありません。アセトアミノフェンとイブプロフェンは市販薬に含まれる一般的な成分で、どんな薬でも誰でも突然発症する可能性があります。 症状が出てから4日目の8月30日夕方、女性は浜松医科大学医学部附属病院に移されました。ここで薬害アレルギーについての研究を続けその治療に精通した橋爪医師のもと診察を受けました。この時、彼女の皮膚ははげてピンク色になり発疹、水ぶくれは全身に広がり目、鼻、口の軟膜の炎症も非常に激しい状態でした。医師は女性の症状を「中毒性表皮壊死症」だと診断しました。日本では皮膚が剥がれた面積が10%未満のものをスティーヴンス・ジョンソン症候群、10%以上のものを中毒性表皮壊死症と診断しています。皮膚が剥がれた面積が40%以上と命を脅かす危険な状態でした。医師は血液中のアレルギー物質を除去するため血液から血漿成分だけを廃棄し他人の血漿成分を戻す「血漿交換療法」を行い、免疫グロブリンを投与、ステロイド点眼で処置がされ2日後、一命を取り留めました。 中村昌也のアレルギー検査の結果発表! 中居正広ら出演者によるスタジオトーク。中居正広らはVTRを見て「可哀想としか言いようが無い」などとコメントしました。また、中村昌也のアレルギー検査の結果を公表。エビやカニのアレルギーとなっていましたた。 大堀恵のアレルギー検査の結果発表! 大堀恵のアレルギー検査の結果を発表。サンマのスクラッチテストをしたところ、驚きの結果になりました。 大堀恵のアレルギー検査の結果を発表。サンマのスクラッチテストをしたところ、サンマのアレルギーはなし、という結果となりました。一方、ダニはお好み焼きの粉に混じり、食べるとアレルギー症状を起こすことがあるので、かつてアレルギー症状を起こした時の原因が、ダニの可能性があるといいます。 千原ジュニアのアレルギー検査結果! 千原ジュニアのアレルギー検査を紹介。スギ・ヒノキのアレルギーはなく、イネ科のアレルギーのみがありました。また、ステアリン酸イヌリンのアレルギーの可能性があるといいます。 なぜ彼女は命を落としかけたのか? 薬剤アレルギーで生死をさまよった女性、今でも定期的に治療を続けています。以前に比べ肌はだいぶ改善しましたが、爪は一度全て剥がれ落ち、歪な状態となりました。炎症の激しかった目はまぶたとの癒着のため、以前より開かなくなりドライアイの症状があります。だが早めの治療が功を奏し、光を失わず大きな後遺症も残りませんでした。退院後は通っていた看護大学に復学し現在は看護師となりました。 薬剤アレルギーで苦しんだ彼女は、現在看護師となりました。治療を担当した橋爪医師。スティーヴンス・ジョンソン症候群および中毒性表皮壊死症の新たな診察ガイドラインが発表されました。いっぽうで、これらの治療費は高額という問題点があります。いつなんの薬などに突然発症するかわからないアレルギー、粘膜に症状が出たらすぐに専門医の診察を受けることが大切だといいます。 スタジオトーク 中居正広はアレルギーについて「いつ発症するか分からない。前々から気になってたんだけどなってとこが一気に出る事がある」とコメントしました。 エンディングテーマ:レイチェル・プラッテン「ファイト・ソング」