人工知能の利活用に関する政府の取組みとビジネス環境の整備 〜グローバル競争に勝ち抜くための道筋〜

参考:株式会社 新社会システム総合研究所 公式ブログ

<自民党 山際 大志郎 衆議院議員 特別招聘> 人工知能の利活用に関する政府の取組みとビジネス環境の整備 〜グローバル競争に勝ち抜くための道筋〜

重要講義内容

自由民主党 副幹事長 人工知能未来社会経済戦略本部 事務局長 衆議院議員(元経済産業副大臣) 山際 大志郎(やまぎわ だいしろう) 氏 産業の主役は企業であり、政治の仕事はビジネス環境の整備であります。日本企業は創意溢れる現場力を持って、世界のモノづくりの先頭に立ってきました。第4次産業革命は数十年に一度の大きな変化であると同時に、世界の産業構造を変えることのできるチャンスでもあります。 産官学が連携し我が国が将来のグローバルな競争に勝ち抜くため、その道筋を提言します。
  1. 人工知能未来社会経済戦略本部の立ち上げについて
  2. 産業構造・社会構造への影響
  3. 人工知能と政治 −健全で明るい人工知能技術の活用のために
  4. 第4次産業革命を勝ち抜くための今後の政策動向と課題
  5. 質疑応答・意見交換/名刺交換
※当日までの動向等を踏まえまして、内容や順序変更等の可能性がございます。 【2016年11月7日】開催お申し込み・詳細はこちらから
Dr.堤より 日本は米国や中国に遅れを取っているみたいで、心配だ。 法律や制度の整備が追いついてない。議員さんたち、もっと、未来を考えて、リードしてほしい。 選挙受けだけでは?