アマルガム水銀の歯科詰め物は毒?

参考:

アマルガム=毒

アマルガム≠毒

それぞれの見解があるそうですね。

アマルガムは毒だという理由…

アマルガムに高濃度の水銀が含まれていて
それが口腔内で溶けだすことで体内に侵入。

そして、イオン化した水銀化合物が
タンパク質と結合し、体が過剰な反応を起こす

また水銀が蒸発し、吸い込むと
すぐに細胞組織から全身に拡散。

水銀は、神経毒性の強い物質。

なので原因不明といわれるイライラ、
めまい、アレルギーなどを引き起こす。

だから、アマルガム=毒だという見解。

そうではない、アマルガム≠毒の方の
見解もあります。

なので、原因不明な症状が昔に充填した
アマルガムが原因なのかもしれませんし、
そうでないかもしれません。

アマルガムの体への影響ということだけで
メタルフリー治療が良い!

というのは早合点なのかも。

賛否両論ありますので、どちらが良いと
言い切れない部分があります。

患者さんもどんどん情報をとれる時代です。

メタルフリーという歯科治療だけでなく
患者さんに適切な歯科治療をおこなう
歯科が選ばれる時代なのかもしれません。