耐糖能異常(食後血糖値スパイク)

参考:Wikipedia

  耐糖能異常(たいとうのういじょう、Impaired Glucose Tolerance; IGT)とは、75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)において、正常型と糖尿病型のいずれにも含まれない群。「糖尿病予備群」とも言える病態である。 DECODA studyにおいてIGTは正常群に比べ死亡率が約2倍であった。また空腹時血糖正常でかつ糖負荷後高血糖での心血管リスクは約3倍であった。[1] 舟形町研究において、空腹時血糖では正常群とIGT群では生存曲線(survival curve)に有意差はみられなかった。しかし2時間後血糖で生存率を検討したところ、正常群とIGT群、糖尿病群ではそれぞれ差がみられた。このことから食後血糖高値が生命予後に関与する可能性が示唆されている。

治療

STOP-NIDDM studyではαグルコシダーゼ阻害剤により、耐糖能異常から糖尿病への移行を防ぐことが示された。[2](日本では保険適応はない。) 日本で行われたVICTORY studyの結果、ボグリボース(ベイスン®)による糖尿病発生予防効果も確認された。[3](日本での糖尿病発症予防の保険適応も認可された)

引用文献

  1. ^ Diabetologica 2004;47:385-394
  2. ^ Acarbose for prevention of type 2 diabetes mellitus : The STOP-NIDDM randomised trial. Lancet 359:2072-2077,2002.
  3. ^ Lancet. 2009 May 9;373(9675):1607-14. Epub 2009 Apr 22.

外部リンク

Dr.堤より 耐糖能、の異常が起きる原因の多くは、食事の食べ方にあって、それを改善すれば、ほとんど防げる。予防する食べ方、 ①一口を少しづつ、お口に入れて、ゆっくり歯の中で、30の数を数えながら左右、奥歯、前歯と全体でしっかりと咀嚼しましょう。 これは、30トレーニングで、数を数えて、ゆっくり噛むことが大事です。噛んでいる間に、脳と、胃腸にシグナルが届き、予備、インシュリンを出す、準備が整うのです。 ②最初の一口目から、10分以内に、糖質の多いものを避け、肉類、野菜スープ、味噌汁、たくあんなどを先によく噛んで食べていきましょう。 ③10分すぎたら先に食べたおかず類のお皿に残った汁に、ご飯や、パン、麺などを浸し、これまた、少しづつ、ゆっくりと噛みます。 しかし、麺、パンは、ご飯は、三十回噛むと、消化吸収がよくなりすぎるので、先のおかずと比較したら、少しでの咀嚼でいいでしょう。 ④最低でも、15分以上かけて、食事をしましょう。甘いものなどを食べる前に、水溶性食物繊維の多いものは、腸粘膜をコーティングして糖吸収を抑制するので、常に、食べる順番を気をつけましょう。 ⑤食べる時の姿勢が、猫背や、前かがみだと、首がストレートになり、咽頭部が長く、咀嚼時に、お口の中の噛んだものを喉に送りやすくなり、反射的に飲み込んでしまいます。頭をおこし、顎を引くことで、咽頭部が閉まり、飲み込みにくくなるので、安定して咀嚼できます。しっかり前を見て、お口を閉じて、唇と、頬の筋肉、舌の筋肉をトレーニングするように、しっかり使って、咀嚼を三十回しましょう。 ⑥以上の方法であると、非常に、インシュリンが節約され、膵臓の疲労も抑えられ、血管壁も糖の活性酸素増加を抑えるので、血液の流れも良い状態が続き、安定した血糖値で、気持ちもいつも、穏やかですし、食後の眠気も起きません。腹持ちが長くなり、しばらくしてからのお腹のぐ〜も無くなります。大便も適度の柔らかさと弾力と表面のぬめりで、通便は快適で力まずとも楽に排便でき、便器内に散らばらず、だいたい、水に浮いています。便器にもべったりつかないので、便器も汚れませんよ。