歯科医、2029年には1万4千人過剰…合格基準引き上げも検討

参考:2016年12月14日 (水)配信読売新聞

 歯科医師が2029年に約1万4000人過剰となるという推計を厚生労働省がまとめました。厚労省は文部科学省と連携し、歯学部定員の削減や国家試験の合格基準引き上げを検討します。 歯科医師は14年で約10万人おり、20年間で約2万人増えました。開業する歯科医師も多く、診療所数は約6万9000で、「(5万店超の)コンビニエンスストアより多い」と指摘されます。競争激化から診療所の経営が厳しさを増す中、不必要な診療が行われたり治療が長引いたりする懸念があります。 厚労省は、将来の歯科医師の過不足を把握するため需給見通しを試算しました。現行の歯科医師数や国家試験の合格者数から、将来の歯科医師数を推計。少子高齢化を踏まえた推定患者数や歯科医師が1日に診る患者数などから、必要となる歯科医師数を算定しました。 1日に診る患者数を厚労省や日本歯科医師会の調査を基に3段階で想定すると、17年は3100人不足~1万5600人過剰、29年は600~1万8100人過剰と幅が出ました。厚労省の有識者検討会が、中間的な想定が精緻で妥当と結論づけたため、最終的な推計値は17年で1万1300人、29年で1万4100人過剰になるとされました。
Dr.堤より 優秀な歯科医が増えるなら、合格を厳しくするのは、将来には、プラスだろうけど、これから人工頭脳が普及して、診断やら、処置方針やらは、IT任せで、手技のさらなる精度向上が重要課題だろう、卒後に、国家試験で、手技に重きを置いた、フィルターリングができるかどうかだ。