TV:脳が若返り&痩せる体に!究極の食べ合わせ法

参考:12月12日(月) 20時00分~21時00分/7ch テレビ東京

オープニング

外国人、日本人に食べ合わせについて質問。食べ合わせは平安時代の医学書「医心方」にすでに記述があります。富山の薬売りは体に悪い食べ合わせを書いたチラシを置いていくサービスを行っていました。これらは経験で得た失敗が噂などとして広まりました。原宿リハビリテーション病院の林泰史医師は、食べ合わせには効果がある、医学的に実証されていると話しました。健康に良い食べ合わせはとんかつの豚肉とキャベツ。食物繊維が脂肪を吸着します。さらにキャベツを千切りにすると効果がアップ。また酢豚のパイナップルもいい組み合わせです。消化酵素がタンパク質をアミノ酸に分解します。アミノ酸は筋肉や血管の材料となります。ちなみに海外ではソーセージにフルーツジャムなどの食べ合わせが一般的。なかでも有名なのが生ハムとメロン。メロンの消化酵素が生ハムのタンパク質を効率よくアミノ酸に分解します。また高血圧予防で老化防止にもつながります。今回は栄養学のスペシャリストが実践する最高の食べ合わせ法を紹介します。

オープニングトーク

今日のテーマは健康になる(超)カンタン食べ合わせ法。西村和彦は炊きたてご飯にシラス、ミョウガ、ゴマ油をかけて食べると話しました。陣内貴美子はうなぎと梅干しは気にしていた、最近は豆乳に黒ごまきな粉、バナナを混ぜて飲んでいるとコメント。早見優はアメリカでセロリにピーナッツバターをよく食べていたと語りました。秋津壽男は補い合う食べ合わせ、さらに良くなる食べ合わせなどがあると説明しました。

昔から伝わる悪い食べ合わせ 正しい?それとも間違い?

昔から言われている悪い食べ合わせは医学的に正しい?間違い?を丁宗鐵医師が教えます。食べ合わせは医心方にも出ています。ウナギと梅干しは体に悪い食べ合わせ、正しいor間違い?ウナギと梅干しは医学的には体に悪くありません。梅干しのクエン酸がウナギの脂肪分の消化を助けます。カニと柿は体に悪い食べ合わせです。共に体を冷やす食材で冷え症などの場合は要注意。ワカメとネギの味噌汁などはバランスが良いです。

ひと工夫するだけで健康効果が倍増する

林医師おすすめの骨粗しょう症を予防する食べ合わせ法を紹介。納豆と食べ合わせると骨粗しょう症の予防になる食材は?という問題が出題。正解はシラス。シラスに含まれるカルシウムの吸収を納豆に含まれるビタミンKが助けます。壮健タムラ薬局の田村哲彦薬剤師は40年の研究で良い食べ合わせの数500種類を見つけました。おすすめの健康になれる食べ合わせ3種類を紹介します。一つ目の健康効果は疲労回復。牛肉と?の食べ合わせで日頃の疲れを解消出来ます。それは何?という問題が出題。正解はワサビ。ワサビのアリルイソチオシアネートが消化吸収を助けます。さらにアミノ酸を効率よく全身の細胞に届けます。2つ目の食べ合わせはインフルエンザ予防。アーモンドに?を食べ合わせる。ミネラルの吸収率を上げるあるものとは?という問題が出題。正解はレモン。クエン酸がミネラルを包み込み吸収されやすい状態に変わります。またブロッコリーにはビタミンCが豊富。3つ目の効果は認知症予防。青魚×?で認知症予防に役立つ。青魚のDHAの酸化を防ぐあるものとは?という問題が出題。正解は抹茶。ポリフェノールは抗酸化作用が強いです。抹茶でサバをコーティングするとDHAを酸化から防ぐことが期待できます。サバの抹茶焼きは認知症予防におすすめ。イワシやアジなどでもOK。スタジオでサバの抹茶焼きを試食。上山医師は塩分を控えたい人には味付けとしていいかもしれないとコメントしました。

番組主治医が実践するオススメ食べ合わせ法

番組主治医が実践するオススメ食べ合わせ法を紹介。上山医師のオススメは焼き魚とダイコンおろし。ダイコンのイソチオシアネートはがんの予防効果が期待できます。秋津医師のオススメはギョウザやレバニラ炒め。これらは健康効果をアップさせる食べ合わせ。中山医師のオススメは豆腐とキノコ。骨を丈夫にする6つの栄養素をとれます。南雲医師のオススメはラ・フランスにエゴマオイル。

3食のうち1食でOK 健康効果が倍増する

新宿溝口クリニックは栄養療法専門クリニック。1万5000人以上を治療してきた溝口徹医師は近年、多くの患者にタンパク質が足りていないと指摘します。そして1日1食スープを食べることをすすめました。

1日1回のスープで健康効果が倍増する

3食のうち1食にスープを加えるだけで栄養バランスが格段に良くなります。ポイントは植物性タンパク質と動物性タンパク質を一緒に食べること、タンパク質と大量の野菜を同時に摂取することです。溝口徹医師オススメの最強スープレシピを紹介。

溝口医師オススメ最強スープレシピ

溝口徹医師がやせやすくなるダイエットスープを紹介。最初はカキのビタミンB群は糖質などの分解を助けるためダイエット効果がUP。つづいては脳の老化防止に効果的なイワシと豆腐のスープ。イワシのEPA、豆腐のレシチンが脳の老化を防ぎます。スタジオでカキと豆乳のスープ、イワシ豆腐のスープを試食しました。

ひと工夫するだけで健康効果が倍増する

姫野友美医師のオススメの食べ合わせはタマゴと納豆。卵黄レシチンと大豆レシチンを同時に摂ると記憶力の改善に役立ちます。オススメ料理はタマゴかけ納豆ご飯。南雲医師はビールを飲むときは青汁ビールがオススメと話しました。秋津医師はいろんなものを食べればいい組み合わせが出来る、バランス良い食事が一番大事だとまとめました。