子どもの誤飲、たばこ最多 おもちゃのみ死亡事案も

参考:2016年12月27日 (火)配信共同通信社

 厚生労働省は26日、2015年度の病院モニター報告で寄せられた「子どもの誤飲事故」286件のうち、たばこの誤飲が63件(22・0%)で2年連続最多だったと発表しました。医薬品・医薬部外品が48件(16・8%)、プラスチック製品が40件(14・0%)と続きました。死亡事例は1件で、9カ月の男児が直径10ミリ程度のおもちゃを誤飲し、呼吸困難を発症した事案でした。 厚労省は「誤飲があれば直ちに医療機関を受診してほしい」とし、特に子どもにおもちゃを渡す際は、誤飲の可能性がある点に留意するよう呼び掛けました。 全国16施設の協力医療機関のうち、8施設の小児科が診察した事例をまとめました。たばこの誤飲の中には、車内のドリンクホルダーにあった吸い殻入りのコーヒーを飲んでしまった事例などがありました。 一方、公益財団法人「日本中毒情報センター」が収集した家庭用品の吸入事故とみられる事例(1201件)では、殺虫剤が269件で最多でした。