失った歯の数と動脈硬化は強く関連する―疫学調査で証明 京都大学

参考:[大学ジャーナル]2017/01/04

京都大学の浅井啓太助教らの研究グループは、疫学調査の情報を用いて、失った歯の数と動脈硬化度に有意な関連があることを証明しました。

動脈硬化が原因となって発症する病気で亡くなる人は非常に多いです。助かっても脳梗塞や心筋梗塞などの後遺症によるリハビリや介護など、医療費の増大が大きな社会問題となっています。近年、歯周病をはじめとした口の中の炎症が動脈硬化と関係していることが報告されています。そのため、口の中の病気の予防が動脈硬化に関わる死亡のリスクを低下させる可能性がありますが、不明点が多いのが現状です。

2007年から2010年に滋賀県長浜市で「ながはま0次予防コホート事業」と呼ばれる、市民を対象とした大規模な疫学調査が行われました。今回の研究は、この第一期調査で得られた約1万人の情報を用いた横断研究です。参加者全員は歯科検診を受けており、歯周病などの口の中の持続的な炎症で失った歯の数が指標とされました。動脈硬化は「心臓足首血管指数(CAVI)」を使って測定。失った歯の数とCAVIの関係を年齢、性別、体格指数(BMI)、喫煙の既往、ヘモグロビンA1c、インスリンまたは糖尿病治療薬使用の有無を調整して解析しました。

その結果、失った歯の数と動脈硬化度は有意に関連していました。また、女性より男性にその傾向が強いことも判明。口の中の病気は予防効果が非常に高く、歯科医院での定期的な診療により失う歯の数を減らせるだけでなく、動脈硬化症の予防にもよい影響があるとしています。

口の中の病気は動脈硬化以外のさまざまな病気との関連が報告されています。現在、ながはま0次予防コホート事業は第2回目の調査を行っており、口腔内の疾患と全身疾患の関係を明らかにしたいとしています。