EV:Audi、信号が変わるタイミングを車両に知らせる技術を導入

参考:日経テクノロジーオンライン

 ドイツAudi社は2016年12月6日、信号が変わるタイミングを車両に知らせるVehicle-to-Infrastructure(V2I)技術を、米国ラスベガスに初めて導入したと発表しました。2016年6月以降に生産した、「Audi connect」搭載の「A4」と「Q7」で利用できます。同社は、将来的に米国の他の都市でもこのV2I技術を利用できるようにする計画で、いくつかの都市とインフラ整備に関して協議しています。 Audi社は、信号機情報を転送するため米Traffic Technology Service(TTS)社と提携しました。公営交通管理センターが信号機のデータをTTS社に送ると、リアルタイムで4G/LTE通信などの高速インターネット接続を介して車載コンピュータに送信する仕組みです。  「Time-to-Green」は青信号の残り時間や赤信号から青信号に変わるまでの時間を、車両のデジタル計器モニターやヘッドアップディスプレイに表示する機能です。欧州での実証試験では、ドライバーが信号機の情報を得ることで、赤信号で止まっている自動車が20%減少し、車の流れがスムーズになったといいます。また燃料使用量も15%節約できたといいます。 信号機情報をナビゲーションシステムと組み合わせることで、燃料や電力を節約できる経路を設定したり、できるだけ赤信号に引っかからずに走れる速度を設定したりといったことが可能になります。電気自動車であれば、ブレーキ回生システムを効果的に働かせる走行パターンを設定することも可能になります。こうしたV2I機能は、将来、都市での自動運転の実現に不可欠になるだろうといいます。 同社は欧州でもV2I技術の導入を予定しています。しかし、欧州では多様なテクノロジーが使われており、インフラも地域ごとに異なります。欧州全域では標準デジタルインフラがなく、統一データが取れないという問題があります。今後、データの互換性向上に取り組み、それが完了すれば導入できるといいます。