EV:テスラの新型EV、モデル3 が受注上乗せ

参考:Response

発表2日で27万台超

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズが3月31日夜(日本時間4月1日)、米国で発表した新型EV、『モデル3』。同車の受注が、さらに伸びていることが判明しました。

これは4月3日、テスラモーターズのイーロン・マスクCEOが自身のTwitterページで明らかにしたものです。「土曜日(4月2日)の時点で、モデル3の累計受注が27万6000台に到達した」と公表しています。

イーロン・マスクCEOは4月1日、自身のTwitterページにおいて、「モデル3が、発表後24時間で18万台の受注を獲得した」と発表していました。それから1日が経過し、さらに9万6000台の受注を上乗せした計算です。

『モデルS』の成功で、プレミアムEVメーカーとしての地位を確立したテスラモーターズ。同社の市販EV第4弾となるモデル3は、米国ベース価格3万5000ドル(約388万円)と、テスラのEVとしては価格を抑えているのが特徴です。

大手自動車メーカーの市販EVの草分け的存在、日産『リーフ』が2015年12月、デビュー5年を経て、世界累計販売20万台を達成したばかり。モデル3が発表2日で、累計受注27万台を超えたのは、異例のペースといえます。