副鼻腔炎を軽減する抗生物質より効果的な自然療法

参考:2015/1/27 Naturopathy

【副鼻腔炎を軽減する抗生物質より効果的な自然療法】

副鼻腔炎は鼻腔内の空洞に炎症がおこり腫脹、粘液が蓄積してとても不快な症状が現れます。アメリカ疾病管理予防センターによると、2010年には副鼻腔炎のために約2,980万人の人に抗生物質が処方されていますが、セントルイスのワシントン大学の研究結果では、いくつかの抗生物質が副鼻腔炎の治療に効果がないことも示しています。抗生物質の代替として、天然の成分が副鼻腔炎の不快な症状を軽減させる自然療法薬になるでしょう。

自然療法薬の材料

カイエンペッパー: 赤く熟したトウガラシ の実を乾燥させた香辛料で、カプサイシンと呼ばれる成分が鼻腔内から粘液の排出を促します。
ジンジャー(生姜): 抗炎症および抗菌効果があるジンギベレンやジンゲロールなどの成分を含み、鼻粘膜の腫れを減らし細菌を殺すことができます。
レモンジュース: 免疫を高め、抗酸化物質であるビタミンCを多く含むレモンジュースは、免疫力を高め副鼻腔炎と闘います。
ウコン: ウコンは抗ウイルス、抗菌及び強力な抗炎症効果を持っています。食事にウコンを追加することで体の内から副鼻腔炎の治療に役立つことができます。

作り方

♦ カイエンペッパー  ティースプーン1/4 ♦ ウコン       ティースプーン1/4 ♦ レモン汁      1/2カップ ♦ 生姜        3cm位1片(すりおろし) これらを良く混ぜて、1日2回から3回、症状が軽くなるまで2,3日間続けて服用してみて下さい。