お口きれいで認知症減? 虫歯菌が関与

参考:2017年2月10日 (金)配信共同通信社

 虫歯の原因となる「ミュータンス菌」が認知機能の低下を引き起こす可能性があることが分かったと、京都府立医大の渡辺功(わたなべ・いさお)助教(口腔(こうくう)衛生学)らのチームが9日、発表しました。「口の中をきれいにすることで認知症が減るかもしれない」としています。

チームはこれまで、止血作用を阻害する特殊なミュータンス菌(虫歯菌)が、脳出血の発症に関与することを突き止めていました。

今回、約280人(50代~80代)の脳を磁気共鳴画像装置(MRI)で調べたところ、この菌を保有する約70人は、深部で微小な出血が起こっている割合が高いという結果でした。

 深部の出血は認知機能障害に関わるとの研究報告があることから、1分間に平仮名の「か」で始まる単語をいくつ挙げられるかなどの言語テストを実施。虫歯菌保菌者の解答率は、菌を持っていない人よりも低いという結果になりました。

渡辺助教は「菌の検出キットができれば、認知機能低下のリスクに簡単に気付けるようになる」と話しています。成果は英科学誌電子版に掲載されました。

注)英科学誌はサイエンティフィック・リポーツ