ビタミンD補給で急性気道感染減

参考:BMJ 2017年3月17日 (金)配信

 ビタミンD3またはD2補給に関する無作為化二重盲検プラセボ対照試験25件(対象1万1321人)のデータを基に、ビタミンD補給の急性気道感染予防効果をシステマティックレビューとメタ解析で検討。ビタミンDは全参加者で感染リスクを低下させました(調整オッズ比0.88、95%CI 0.81 – 0.96、異質性のP<0.001)。深刻な有害事象の発現率は変わりませんでした(同0.98、0.80 – 1.20、P=0.83)。 【原文を読む】 Martineau AR et al. Vitamin D supplementation to prevent acute respiratory tract infections: systematic review and meta-analysis of individual participant data. BMJ. 2017 Feb 15;356:i6583. doi: 10.1136/bmj.i6583.