歯並びの問題は、実は睡眠障害に

参考:未来歯科

梅干ではありません。オトガイ筋の過緊張です。

泣いている時に, オトガイ筋を観てほしい.. 何を意味しているのか そして,唇の形状を診る すると,おっぱいを与える時の首の角度の問題が 出てくる お母さんの姿勢の教育が必要だということがわかる 子育てが終わるときには お母さんは,かなり老化を起こししまう 親子で学習してもらうのは そのため・・

歯並びの問題は、睡眠障害に

日本人の8割が危険!睡眠時無呼吸症の死角 – NHK ガッテン! http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20100623/index.html

ゼロ歳からの姿勢咬合 抱き方教室

子どもたちの成長は たった数時間、たった数日で獲得し始めることが多いのには びっくりする 子どもたちのエネルギーは半端ではない このエネルギーをどのように使って どのように育てるかが 成長、發育、そして発達 そんな、成長のことと 今、何ができるのか 親子で体験する 多くの子供達は ゼロ歳児からは、 その日から成長を愉しむことができる そのヒミツは 親が観ている状態が どんどん変わった視点で観られる様になるから 子育てで悩んでいるのは 現状の把握と 次の目標がなく この子がどのように育っていくのかが 見えなかったから そんな知識をお母さんたちが得ることで 抱き方から、 歯が生える前の歯ブラシ そして どうして泣いているのかが よく分かるようになる 泣いているのを怖がらない 子育ては しっかり噛むことができ 親の言うことが理解できるようになり 目の前に起こっていることを把握できる様に 五歳になったときにはできるようになるのです。 ゼロ歳から一歳半までの 唇からの抱き方教室 そして、枕からの歯並びへの重要性の睡眠力セミナー ブラッシングは、生後ゼロヶ月からの理由を知って 歯ブラシの意味をトレーニングする 赤ちゃんのブラッシングセミナー もちろん、診療では 成長に合わせて、子どもたちの成長を 知識とトレーニングで支援していきます。
理想的な歯並びのための「赤ちゃんの抱き方セミナー」
 川邉研次の理想的な歯並びのための睡眠力セミナー【basic】
 虫歯にならないための「赤ちゃんのブラッシングセミナー」

T4Kなどのトレーナー入れて、マルケン体操。えー。。Phが・・・

唾液の素晴らしい中和能力があるのは 誰でも知っています。 しっかり噛んで食べると、 唾液の分泌が良くなってきます。 でも噛まないでだている子どもたち、 飲んでしまっていいる子どもたち 唾液は、酸性になっています、 つまり、口の中の病気 虫歯や、歯周病になりやすい状態です。 でも、 MRCのトレーナー、プレオルソなどの 口腔筋肉のトレーニング装置を入れながら 口にはテープを貼って マルケン体操のうちのリズム体操 させると、 なんと。。 口の中に唾液がいっぱい出てきて 自然と飲み込むことが、できれば 酸性だった唾液が 中和できるだけの能力を持ち出した唾液に 変わるのです。 洗浄能力のある唾液になってきたってことです。 これってすごくありませんか・ 誰が行っても 効果がほとんど現れます。 トレーナーと言われる装置の凄さは こんなところにもあるのです。 ちゃんと使うってことは 体をしっかり動かして 口の中の機能を使いやすくする筋肉を育てていくのです。 発音一つするのに 実際には 80以上の筋肉を使っているのですから 当然な結果ですね。 赤ちゃんのうちから 様々なトレーニングがあるのが 姿勢咬合です。

ユニットの正しい使い方?

デンタルチェアー 殆どの方が一度は座ったことのある 歯科医院での治療椅子 この治療椅子 様々な工夫がされています。 だいたいどんな人でも 寝て、口を開けることができます。 ただ、ある程度、背が高い人の場合でも 子供さんでも使えるようになっているので 様々な、工夫が必要になります。 枕と同じで、 この安頭台とベッドの間が、広がったり、 狭くなったりの動きが デンタルチェアーの特徴です。 ただ、この隙間が体にとって 問題がおきます。 この隙間が埋まると 噛みあわせも良くなってしまうのです。 マルケンピロー用のバスタオルが ここでも活躍します。
たったこれだけで、診療も 患者さんも、ドクターも楽になります。 口も開きやすくなります。 歯の治療しながら 噛合せを悪くしない姿勢を作る 姿勢咬合ですね。

姿勢で痛みが軽くなる

オープンハート姿勢は、 子どもたちにも勇気を与える方法です。 虫歯の痛みを克服することは 子どもたちにとって大きなこころの財産で もう虫歯なんかならないという 自信をつけて、教育を行った後での 治療ですから、子どもたちは 一歩も二歩も 知識を身につけることになります。 治療の姿勢一つで 歯科医院を好きになる子と 歯科医院を嫌いになる子ができてしまうのです。 こんな大きな虫歯を削っても 虫歯の部分だけだから 痛みは感じないのです。 ちょっとしたした数回のトレーニングを 子どもたちだけでなく 大人でもしてもらいます。 手のひら広げて、目線を目一杯上げて 口が大きく開きます。 呼吸も楽、 目はできるだけまばたきをしないようにすると 乾いていた目も 潤ってきます。 瞬きのコントロールって大事です。 歯並びのトレーニングでも 瞬きのトレーニング行うのが DynamicGトレーニング 子どもたちでも、 姿勢で大きく痛みは変わります。 手を握って、体を硬直させると 口も大きく開かなくなります。 姿勢咬合セミナーでは オープンハート姿勢を 歯科医師の先生方にも 体験してもらっています。 姿勢が、 態度と言われる姿勢が 多くの問題を露呈し 口腔内にも現れているということを 勉強してもらい 足からの姿勢 口からの姿勢を 体験し、実習し 子どもたちの未来と 歯科医院の膨大な可能性を 楽しんでいただくセミナーが 姿勢咬合セミナーです。