喫煙の死者、700万人 貧困生む原因とWHO

参考:2017年5月31日 (水)配信共同通信社

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は30日、喫煙による死者は世界で年間700万人以上に達し、その8割以上が低・中所得国に集中していると発表しました。喫煙は健康被害などをもたらし、貧困を生む原因になっていると警告しています。5月31日の「世界禁煙デー」に合わせ、たばこの害を訴えるのが目的です。 WHOはこれまで、喫煙による死者を年間約600万人としてきましたが、最新の統計に基づき増やしました。また健康被害に伴う医療費などで1兆4千億ドル(約155兆円)の経済損失を与えているとも指摘。対策として、たばこへの課税強化と値上げが有効だとしています。 WHOによると、喫煙関連の医療費は1人当たり約56ドルかかり、家計や各国の財政に大きな負担になっているとしました。 特に低・中所得国には約8億6千万人の喫煙者がいますが、最貧家庭では喫煙の費用が家計の10%以上を占めることもあり、食料や教育などに十分お金が使えないと強調。喫煙が盛んな地域では10%以上の住民が栄養不足だとしました。 たばこが環境に与える影響に関する初の報告書も公表。たばこの吸い殻には発がん性物質を含む7千以上の有毒化学物質が含まれますが、1日に販売されるたばこ150億本のうち100億本以上がそのまま廃棄されているとしました。