感染症:食中毒:腸管出血性大腸菌、気温上昇で流行の兆し…1週間で45人

参考:2017年6月16日 (金)配信読売新聞

 食中毒などを引き起こす腸管出血性大腸菌の感染者が1週間で45人に上るなど感染が広がり始めました。

 気温上昇とともに流行が拡大し、7~8月にピークを迎えるため、国立感染症研究所は注意を呼びかけています。

 感染すると、腹痛や下痢、血便のほか、 嘔吐や発熱を伴うこともあります。抵抗力が弱い乳幼児や高齢者は、貧血や急性腎不全を起こして死に至る恐れもあります。同研究所によると、昨年は9人の死亡が報告されました。今月7日にも、群馬県の高齢者施設で、腸管出血性大腸菌O157に感染した90歳代の女性が死亡しています。

 もともと牛などの腸に生息しており、生肉など食品を通じて人間に感染します。感染者の約3割は無症状で気付かずに感染を広げる危険性もあります。トイレ後や調理前、食事前の手洗いの徹底で感染の拡大を防げます。

 同研究所感染症疫学センターの斉藤剛仁主任研究官は「肉類の生焼けに注意して食中毒を予防してほしい」と話しています。