O157、食品15分放置で菌2倍 感染者、夏に急増

参考:朝日新聞 福地慶太郎 2017年8月24日

 O(オー)157などの腸管出血性大腸菌は気温が上がると増えやすく、食中毒の発生は夏に多いです。国立感染症研究所によると、今年に入り今月13日までに報告された感染者は1696人で前年同期と比べ72人増。ここ3週は急増し毎週200人超の感染が報告されています。

 厚生労働省によると、O157感染の原因とされた食品は牛肉やサラダ、メロン、漬けものなど様々。菌が付いた食べ物を食べるなどで感染します。主な症状は腹痛や下痢。まれに腎臓や脳に障害がでるなど重症化し、死に至ることもあります。

 今回、ポテトサラダを食べた人が食中毒になったことについて厚労省の担当者は、「あまり聞いたことがない」。食中毒にならないためには「菌を増やさないこと」が重要といいます。調理済みの食品を買った場合、店に備えてある氷などで冷やして持ち帰り、すぐに冷蔵庫に入れたほうがいいです。室温で放置すると、15分ほどで菌は2倍に増えるとされます。

 家庭でできる一般的な予防法として、新鮮な生鮮食品を買う▽ほかの食品に肉汁などが付かないよう肉や魚はポリ袋に入れる▽調理前や排便後などこまめに手を洗う▽中心部の温度が75度で1分以上食品を加熱する――などを厚労省はあげています。怪しいと思ったら口に入れずに捨てることも大切です。

 乳幼児やお年寄りが感染すると症状が重くなりやすいです。加熱が十分でない肉を食べさせないなど、より注意が必要です。(福地慶太郎)