おたふくかぜで難聴…聴力戻らず「こんな後遺症があるとは」

参考:2017年11月22日(水)配信 読売新聞

 都内の小学5年生の男児は昨年8月、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)にかかり、難聴を発症しました。病気の回復後も右耳の聴力は戻らず、ほとんど聞こえなくなりました。おたふくかぜによる難聴は、2015~16年に全国で少なくとも348人が診断されていたことが日本耳鼻咽頭科学会の調査で判明しました。(鈴木希)

ムンプウイルス感染が原因

 おたふくかぜはムンプウイルスの感染で起こります。多くは1~2週間で治りますが、ウイルスが脳を包む膜に入って頭痛や高熱を発する無菌性髄膜炎や、難聴などを伴うことも。ワクチンで90%以上発症を防げるとされています。

 難聴は、鼓膜の奥で聴力をつかさどる蝸牛がウイルスでダメージを受けて起こります。調査は今年3月から、全国の耳鼻咽頭科5565施設に対して行われました(回答率64%)。

7割が20歳未満

 調査結果によると、おたふくかぜによる難聴のうち詳しく調べた336人の7割が20歳未満の子どもでした。子育て世代の30歳代も2割近くを占めました。

 片耳に後遺症を負った287人のうち9割が重い難聴。両耳の難聴は16人で、人工内耳や補聴器をつけている人もいます。

 都内の男児の右耳の難聴がわかったのは発熱から数日後。横になってテレビを見ながら休んでいて、音が聞こえないと気づきました。

 約1年たって慣れてきましたが、ザワザワした場所で音が聞き取りにくいです。学校で話しかけられたことに気付けなかったこともありました。男児の母親は「こんな後遺症があると思わなかった。知っていたらワクチンを打ったのに」と悔やみます。

免疫がつくから、うつされた方がいい?

 おたふくかぜによる難聴は、炎症を鎮めるステロイド剤の治療でわずかに回復することがありますが、ほとんど治りません。これまでは片耳の聴力が残る人が多いとして、深刻に考えられてきませんでした。

 「ワクチン接種より、うつされた方が免疫がついていい」との「うわさ」があります。調査した国立成育医療研究センター耳鼻咽頭科医長の守本倫子さんは、「うつる方がいいというのは間違い。難聴は一生つきあう可能性がある後遺症。ワクチン接種などで予防することが大切です」と話します。

 おたふくかぜのワクチンは現在、国が勧める定期接種ではなく、希望者が受ける形の任意接種となっています。接種率は3~4割と低いです。

 以前は麻疹、風疹との混合ワクチンで、定期接種とみなされた時期がありました。無菌性髄炎の副作用が相次ぎ、1993年にこの混合ワクチンは中止されました。

 厚生労働省の研究班による2003年度の報告では、おたふくかぜで無菌性髄膜炎が起こるのは患者の1・24%でしたが、ワクチンの副作用の無菌性髄膜炎は接種者の0・03~0・06%にとどまりました。

 ですが一度、問題とされたワクチンを、再び定期接種にするのは難しいです。海外の製品も効果の持続性に課題があるといいます。

 国は定期接種化を目指し、新たなワクチン開発を製薬会社に促しています。感染症に詳しい川崎市県港安全研究所長の岡部信彦さんは「現在のおたふくかぜワクチンも、多くの人が受けるよう、ワクチンの重要性を理解してもらいたい」と指摘します。