95%が虫歯ゼロ 中尾小の習慣付け教育とは

■95%が虫歯ゼロ 中尾小の習慣付け教育とは

参考:神奈川新聞 4月24日(金)13時3分配信

横浜市立中尾小学校(横浜市旭区)は、昨年度の「全日本学校歯科保健優良校表彰」小学生の部で最優秀賞を受賞した、“歯の健康日本一”の学校です。 なんと、全校児童の95%が虫歯が一本もないとのこと。 その学校の歯科指導にあたっているのが、学校歯科医の江口康久万さん。 25年ほど前から同校の学校歯科医になった江口さんは、年14回のペースで来校し、通常の学校歯科医よりもきめ細かに児童の歯科ケアを行ってきたそうです。 子どもたちに正しい磨き方や磨き残しの癖を理解してもらうために、ひとりひとりの磨き残しをチェックし、ペーパークラフトなどを使用して、その子自身の、磨き方のくせを指導しています。 また、同校は2007年に学校保健会から歯科保健の研究校の指定を受け、全校を挙げて予防に取り組み始めました。 歯みがきの習慣付けのため、給食後には全校一斉の「歯みがきタイム」を設け、音楽に合わせて5分間かけて歯みがきを行います。 また、授業でも虫歯予防を取り入れ、先の江口さんも教壇に迎えての指導を行っています。毎月8日には使っている歯ブラシを親子で点検するほか、保護者向けの歯科予防教室もあり、親子での虫歯予防への取り組みを進めています。 この熱心な取り組みの結果、昨年度の6年生1人当たりの永久歯虫歯の本数は全国平均を大きく下回る0.13本と、大きな成果を見せています。 子どものうちからの正しい歯磨きの習慣付けは、一生ものとも言えるでしょう。 子どもの健康のためにも、親子でしっかりと歯磨きに取り組んでみませんか。  
 
Dr.堤より 歯科医師会の取り組みで、学校医制度があるが、この先生ほど積極的に取り組んでいるケースは珍しい。 毎日のクリニックでの治療に追われて、毎年の集団検診も直接、子供たちに向かってその場で、軽く言葉掛けはしても、しっかりと指導していくことは大変な労力で、先生に間接的に総評を述べて終わっていた自分の過去を反省している。 幼稚園や小学校など、矯正専門医であっても、その噛みわせから歯並びをしっかり把握してはいなかったし、ましてお金のかかる小児歯科治療や、矯正を薦めることが、親にしてみればアリガタ迷惑そのものみたいだった。 過去に老人ホームや往診も積極的に行ってはいたけど、当時は、ホームのご老人に面倒なお手入れや入れ歯の修理が人生末期の生活にどれほど意味があっただろうか? やはり育ちざかりの子供ときにしっかりとケア法を教えるべきであった。