歯周病と認知症の関係を分子レベルで解明

参考:日本歯科新聞社

 歯周病によって脳内にも炎症が波及し、アルツハイマー病の原因分子の脳内レベルが上昇するため、認知症を増悪させる―。名古屋市立大学大学院の道川誠教授と国立長寿医療研究センターの松下健二部長が、松本歯科大学と愛知学院大学、名古屋大学との共同研究により明らかにしました。歯周病は認知症の危険因子・増悪因子との疫学研究成果はありましたが、両者の因果関係を分子レベルで明らかにした研究はありませんでした。