歯周病菌、インフル感染助長「口の中のケア、重要性高まる」 日大チーム発表

■歯周病菌、インフル感染助長「口の中のケア、重要性高まる」 日大チーム発表

参考:毎日新聞社 2015年6月24日(水)配信

口の中の歯周病菌の一つが、その人のインフルエンザ感染を助長している可能性があるとの研究結果を日本大の落合邦康教授らのチームがまとめました。

口の中の細菌には、タミフルなどの抗ウイルス薬を効きにくくしたり、ウイルスの増殖を助けたりするものもあります。そのため、インフルエンザ対策としての口腔ケアの重要性が注目されています。

実はインフルエンザウイルスは、人の細胞にくっついても、そのままでは感染する能力がありません。
そのため、ウイルスが増殖するには人の細胞内外にある特定の酵素の働きでウイルス表面のタンパク質に変化が起きることが必要となります。

日本歯周病学会で成果を発表したこのチームは、昨冬流行したA香港型(H3N2)ウイルスで実験。このウイルスは呼吸器系の細胞にある酵素の働きで感染能力を得ることが分かっていますが、この細胞とウイルスに歯周病の原因となる「ジンジバリス菌」の培養液を混ぜると、呼吸器系にある酵素を混ぜた時と同じように細胞へのウイルス感染が広がりました。
さらに、ジンジバリス菌が作る複数の酵素のうち、「ジンジパインRpg」が、ウイルスに感染能力を持たせることも突き止めました。

落合教授は、「口のケアが悪いと、インフルエンザ感染と重症化の危険性が著しく増加する可能性がある。」と指摘しています。
 

Dr.堤より

海外ではレポートが10年くらい前からあるが、ようやく日本国内でのレポートが出てきた。
メディアにはもっと取り上げてもらいたいです。
菌同士の情報交換による病原性の増加や、遠隔的に喉の粘膜細胞の細胞膜上のウイールスレセプター(受容体)を活性化するということが確認されています。