ミクロプラスティックの怖さ

参考:GREENPEACE

==プラスティックフリーを目指して==

海がいま、プラスチック危機を迎えています。海に流れ出すプラスチックは、年間1270万トン。*1その影響をダイレクトに受けているのは、海の命です。ウミガメの1/3が、プラスチックを食べたことがあると考えられています。*2

衝撃的なレポートも発表されています。このままのペースでプラスチックゴミを出し続ければ、2050年には、海には魚よりもプラスチックの方が多くなってしまうというのです。*3想像もしたくもないデストピアが現実的にありうる。そんなところまで私たちは来ています。

でも、解決の道は明らか、そしてシンプルです。今日、私たち自身の手で、使い捨てプラスチックをやめることができるからです。あなたや私、一人ひとりが、解決策になることができます。

海に流れ出すプラスチックの8割が、レジ袋やストロー、コーヒーカップのフタなど、数分(時には数秒…)使われただけで捨てられる使い捨てのプラスチックだというデータもあります。*4

エコバッグをカバンに入れておく。勇気を出して「ストローはいりません」と言ってみる。コーヒーショップでは店内用マグカップにしてもらって、テイクアウトならボトルを持参する。そんな私たちの小さなアクションこそが、この問題の解決策です!

スーパーではエコポイントがつくし、コーヒーショップではボトル持参で値引きされることもあります。ためらうことは何もないはず!
だから、提案があります。みんなで、2018年の抱負の一つを「使い捨てプラスチックをやめる」にしませんか?何万人もの人が来年プラスチック・フリーをめざしたら、すごく大きなインパクトになると思うんです。あなたも今日、プラスチック・フリーをめざすことを宣言してください!

来週、使い捨てプラスチックをなくすために簡単にできる習慣をメールでシェアします。ぜひ参考にして、周りの人にも広めてくださいね。

P.S.もちろん、なくてはならないプラスチック素材や、ずっと大切に使えるプラスチック製品もあります。例えば私のマイボトルのキャップはプラスチック製ですが、10年使っても丈夫で、まだまだ活躍してくれそうです。でも、レジ袋やストローなどの使い捨てプラスチックは、便利だけど必要のないもの。
日本でも、スーパーや買い物での、プラ袋を禁止して、紙袋に移管すべき時です。また、ラメや、研磨剤入りの歯磨き粉にもマイクロビーズは入っています。

すでにアメリカでは禁止されて、多くはペーパーバックになっています。

2018年、一緒にプラスチック・フリーに挑戦しませんか?

*1 http://science.sciencemaq.org/content/347/6223/768
*2 http://www.huffingtonpost.com.au/2016/03/17/turtles-marine-plastic_n_9455496.html
*3 https://www.ellenmacarthurfoundation.org/publications/the-new-plastics-economy-rethinking-the-future-of-plastics
*4 http://sustainablecoastlines.org/