Coffee in California May Soon Come with a Cancer Warning

参考:TIME By JAMIE DUCHARME Updated: March 29, 2018 5:31 PM ET | Originally published: January 31, 2018

For more, visit TIME Health.

Despite its long list of health benefits, coffee in California will soon come with a consumer warning about cancer.

A judge on Thursday ruled in favor of the Council for Education and Research on Toxics, which in 2010 first filed a lawsuit that sought to require coffee sellers, including Starbucks, BP, Gloria Jean’s and 7-Eleven, to warn customers about the ingestion of acrylamide, a possibly cancer-causing chemical that’s produced when coffee beans are roasted.

Under California’s Proposition 65, businesses are required to notify customers if their products contain any of 65 chemicals, including acrylamide, that are linked with cancer, birth defects or other reproductive issues. In failing to post carcinogen warnings, the lawsuit alleged, the coffee shops are in violation of this policy.

Before the judge’s ruling, 13 defendants, including 7-Eleven, settled and agreed to post warnings, CNN reports.

The warning, as set forth by the lawsuit, reads, “Chemicals known to the State of California to cause cancer and reproductive toxicity, including acrylamide, are present in coffee, baked goods, and other food or beverages sold here. Acrylamide is not added to our products, but results from cooking, such as when coffee beans are roasted or baked goods are baked. As a result, acrylamide is present in our brewed coffee….”

Coffee retailers fought against the suit, arguing that the levels of acrylamide present in the beverage are not harmful, and that the health benefits of java outweigh its risks, CNN reports. National Coffee Association CEO Bill Murray told CNN in a statement: “Coffee has been shown, over and over again, to be a healthy beverage. The US Government’s own Dietary Guidelines state that coffee can be part of a healthy lifestyle. This lawsuit simply confuses consumers, and has the potential to make a mockery of Prop 65 cancer warning at a time when the public needs clear and accurate information about health.”

Research has shown that coffee contains cancer-fighting antioxidants and may reduce the risk of developing type 2 diabetes and heart disease. It may even help people live longer and age better, according to recent research. However, in 2016, the International Agency for Research on Cancer (IARC), which is part of the World Health Organization, concluded that drinking very hot beverages may increase the risk of esophageal cancer. The IARC said that there isn’t enough evidence to classify coffee as a carcinogen, but the temperature at which it’s consumed matters.

Acrylamide, which forms when sugars and amino acids are cooked at temperatures above 150 degrees, is not limited to coffee. The chemical is also found in fried foods, such as french fries and potato chips, as well as baby food and baked goods.

In 2007, fast food restaurants in California began posting warnings about acrylamide.

 

――――― 以 下 翻 訳 内 容 ―――――

カリフォルニアのコーヒーすぐにがんになるかもしれない警告

詳細については、TIME Healthをご覧ください。

カリフォルニア州のコーヒーでは、健康に関するメリットが長いにもかかわらず、すぐに癌に関する消費者の警告が出ます。

木曜日の裁判官は、2010年にスターバックス、BP、グロリアジーンズ、7-Elevenなどのコーヒー売り手に訴訟を提起し、顧客に摂取について警告する訴訟を起こした。アクリルアミドは、コーヒー豆を焙煎したときに生成する可能性のあるガンを引き起こす化学物質です。

カリフォルニア州の命題65の下で、企業は、その製品に、アクリルアミドを含む65の化学物質が含まれていれば、癌、先天性欠損または他の生殖問題と関連する顧客に通知する必要があります。発がん性の警告を出すことに失敗した場合、訴訟は、コーヒーショップがこのポリシーに違反していると主張している。

裁判官の判決前に、7人の被告(7-Elevenを含む)が和解し、警告を掲示することに同意した、とCNNは報告している。

訴訟で述べられているように、「カリフォルニア州では、アクリルアミドを含む癌および生殖毒性を引き起こすことが知られている化学物質が、コーヒー、焼き菓子、およびここで販売されている他の食品または飲料に含まれています。アクリルアミドは当社の製品に添加されていませんが、コーヒー豆を焼いたり、焼いたものを焼いた場合など、調理の結果生じます。その結果、アクリルアミドは私たちの醸造コーヒーに入っています…。 “

飲料中に存在するアクリルアミドのレベルは有害ではなく、ジャクソンの健康上の利点はリスクよりも重要であると主張し、コーヒー小売業者はこの訴訟と戦ったとCNNは報告している。ナショナル・コーヒー協会のCEO、ビル・マーレー氏は、CNNに次のように述べています。「コーヒーは健康飲料であることが何度も繰り返し示されています。米国政府独自の食事ガイドラインによれば、コーヒーは健康的なライフスタイルの一部となりうるとされています。この訴訟は単に消費者を混乱させるだけでなく、公衆に健康に関する明確で正確な情報が必要な時に、小道具65号の警告を嘲笑する可能性を秘めています。

研究によると、コーヒーには抗がん剤が含まれており、2型糖尿病や心疾患の発症リスクを低下させる可能性があることが示されています。 最近の研究によると、人々の生活がより良くなり、年を取るのに役立つかもしれません。 しかし、2016年、世界保健機関(WHO)の一部である国際がん研究機関(IARC)は、非常に熱い飲み物を飲むと食道がんのリスクが上昇する可能性があると結論付けました。 IARCは、コーヒーを発癌物質として分類するには十分な証拠はないが、それが重要なものであると判断した。

糖およびアミノ酸が150℃以上の温度で調理されるときに形成されるアクリルアミドは、コーヒーに限定されない。 この化学物質は、フライドポテトやポテトチップ、ベビーフードやベーカリー製品などの揚げ物にも含まれています。

2007年、カリフォルニアのファーストフードレストランでは、アクリルアミドについての警告が掲載され始めました。