口内炎と間違えやすい口腔がん、AIで判別

参考:2018年2月14日(水)配信 読売新聞

口内炎と間違えやすい口腔がん、AIで判別…阪大チームが開発へ

 舌や歯茎などにできる口腔がんを人工知能(AI)で判別するシステムの開発に、大阪大歯学部のチームが乗り出しました。口腔がんは初期の病態が口内炎を似ており、気付くのが遅れるケースがあるといいます。チームは2年後の完成を目指しており、歯科医院に導入して早期治療につなげたい考えです。

 口腔がんは舌や歯茎、頬粘膜などにでき、リンパ節や肺に転移することもあります。ですが、専門知識を持たない医師や歯科医師だとがんに気付かず、舌や顎の骨の切除が必要になるまで進行してしまうことが少なくありませんでした。チームの平岡慎一郎助教(口腔外科)らは、AIが大量の画像から自動的に特徴などを探し出す「ディープ・ラーニング(深層学習)」の技術を応用。口腔がんや類似する症状の画像5000~1万枚程度を学ばせ、自動的に口腔がんを見分けるシステムを作るといいます。

 開発したシステムは歯科医院などでの診断支援に使います。将来的には患者個人が画像を撮影・送信することで早期判別につながる仕組み作りも検討しています。