ジャパニーズインフルエンザ、海外で騒動に

参考:日経メディカル 2018/1/30 勝田吉彰(関西福祉大学)

勝田吉彰氏
勝田吉彰氏

 これまでインフルエンザが、ある特定の国名を冠した呼称で呼ばれる事象が歴史上何度か見られてきました。スペインかぜ、アジアかぜ、ソ連かぜ……。そして今、Japanese fluなる珍病名が海の向こうイギリスのマスコミを賑わせています。

 日本ではA/H1N1pdm2009とB型(山形系統)が同時並行で流行していますが、かの国でもまた、B型(山形系統)が流行しており、それが「Japanese flu」とマスコミ命名されて見出しを賑わせています。いわく「猛烈に感染するジャパニーズインフルエンザが我が国で流行、ご注意を(Warnings over‘super infectious’Japanese flu which is now spreading in Britain)」といった具合に1)。そして、ジャパニーズインフルとは何ぞやと丁寧に解説する記事が大衆紙にも高級紙にも出て来ている2)3)ことから、これがあおり記事ではなく定着した表現のように見受けられます(実際に記事内容はB型インフルエンザについて淡々と解説したものになっています)。

先輩格は「オージーインフルエンザ」

 B型(山形系統)を「ジャパニーズインフルエンザ」と勝手にマスコミ命名して報道されるのは我々日本国民としては面白くないわけですが、実は「大先輩格」がいます。オージーインフルエンザがそれです。

 今シーズンに先立つ、南半球のシーズンではオーストラリアでA/H3N2の大流行が起こり、入院病床の不足、待機手術の延期など様々な影響が出ていました。そしてオーストラリアと交流の多い英連邦諸国では、オーストラリア発のAH3亜型の流行に戦線恐々として、シーズン入り前から「オージーインフルエンザ」なる珍病名を大見出しに並べていました。英マスコミの期待どおり(?)にAH3亜型の大規模流行が起こり、連日の報道合戦を展開、挙句の果てに「オージーインフルエンザの生還者(Aussie flu survivor)」まで引っ張り出して「worst sickness EVERだった」と語らせ、エボラ熱流行時を彷彿させるような報道ぶりです4)

「殺人インフルエンザが2カ月後に上陸してくる」

 我が国でも、オーストラリアの流行を見て秋口から某週刊誌が「殺人インフルエンザが2カ月後に上陸してくる」とあおっていましたが5)、実際にはAH1pdm09亜型とB型の流行でAH3の大流行で混乱する自体にはありません。

 日本のマスメディアでは英国のように特定の国名を感染症に冠することは少なく(強いていえば2015年の韓国におけるMERS流行の際に見られた程度でしょうか)、代わりにエボラ熱、MERS、鳥インフルエンザ、ジカ熱と、”殺人ウイルス”と命名される騒動に、医療界は毎年のように対応を迫られてきました。

 昨年2017年にはヒアリがこのパターンを繰り返し、そのような対応に慣れていない農学部の先生方からは「日本への侵入自体はいつか起きると考えていたが、市民の反応については予期できていなかった…(中略)…多くの市民が存在さえ知らなかったこの小さな昆虫に『殺人アリ』という恐ろしい名が付与され、生命の危機が強調されるような報道が相次いだ。ヒアリをよく知る昆虫学者や生態学者の多くはこの自体を憂慮し、取材を受けたものたちは躍起になって…」と戸惑いの声も発せられています6)

 ともあれ、執筆時点ではパニック的状況には至らず、また、昨年の今頃大いに世間を心配させていた中国の鳥インフルエンザH7N9の流行も、本稿執筆時点では落ち着いています7)。まずまず想定の範囲内で収まっている2018年戌年の初頭、この範囲で展開してくれればと願うばかりです。

■参考資料

1)Warnings over ‘super infectious’ Japanese flu which is now spreading in Britain(Yahoo News UK16 January 2018)
2)What is Japanese flu, what are the symptoms and how can you avoid the virus? All you need to know(THE Sun)
3)??What is Japanese flu? How to prevent the virus and the symptoms to look out for(The Telegraph) 
4)’Worst sickness EVER’ Aussie flu SURVIVOR speaks out as reason for outbreak REVEALED(Daily Star)
5)南半球オーストラリアでは死者が前年の6倍 「殺人インフルエンザ」が2か月後に上陸する!(週刊ポスト 49(42):44-45 2017)
6)岸本年郎:ヒアリはなぜ怖いか.(文藝春秋 2017;95:86-88.) 
7)H7N9 situation update(FAO)