乳児期の魚油摂取で食物アレルギー減

参考:Allergty 2018年3月2日(金)配信

 アイスランドの小児1304人の出生コホートを対象に、乳児期の魚油サプリメント摂取と食物アレルギーの関連を観察研究で検討しました。

 魚油サプリメント定期接種群の食物感作診断率の相対リスクは0.51(95%CI、0.32 – 0.82)で有意に低かったです。生後6ヶ月以内に摂取を開始した群では、それ以降に開始した群に比べて防護効果が有意に高かったです(感作:P=0.045、アレルギー:P=0.018)。

【原文を読む】
Clausen M et al. Fish oil in infancy protects against food allergy in Iceland-Results from a birth cohort study. Allergy. 2018 Jan 10. doi: 10.1111/all.13385. [Epub ahead of print]