胃酸は重要

参考:Dr.Masahikoさんのブログから 2018-03-10

 

某病院の消化器科で外来をしていた頃、PPI(胃酸を抑える薬)を1日に何人にも処方していました。

確かに胸焼けをはじめとする消化器の諸症状には効果は絶大。

患者さんからのフィードバックでもなかなかいい評価なのでついつい処方しがち。

原因がはっきりしない消化器不定愁訴の場合も「とりあえず」PPIみたいなところがありました。

PPIはかなり優れもので、胃酸を抑えると謳っているだけあって本当にしっかりと遺産を抑えてくれます。

私自身も一時期PPIをちょくちょく飲んでいた時期もありました。
(結構お世話になりました)

 

特に胃酸が出すぎて不調になっている場合にはもってこいの薬剤です。

ただし「胃酸がですぎている」場合には。

そもそも実際に胃酸がですぎて不調になっている人はどのくらいいるのでしょうか。
そもそも胃酸は何のために分泌されるのでしょうか。

日本人の胃は、もともと欧米人に比べて胃酸の分泌量は少ないが、
食の欧米化に伴い胃酸の分泌量は増えてきたと言われています。

それでもまだまだ胃酸が少ない人が多いなというのが最近の診察を通しての印象です。

慢性の消化器症状を抱えている人の中には、むしろ胃酸減少に伴う不定愁訴の人も結構います。

貧血、慢性疲労でアドレナリンが過剰気味な人は胃酸分泌は少なくなる傾向があります。

胃酸が少ないと食事の消化が不十分となり、必要なミネラルなどの栄養素が不足しがち。

また、酸による殺菌能力が低下するために小腸内の細菌の異常増殖(SIBO)を伴うこともあり、PPIを長期に内服しており、腹部の不定愁訴があれば一度はSIBOを疑ってみるべきです。

 

私自身PPIの効果に大きな恩恵を受けました。
しかし、それに頼りすぎることにはこれからは警鐘を鳴らしたいです。

PPIの長期投与が胃がんや認知症のリスクを上げるという最近の研究もあります。

長期の投与にはよほど慎重になりたいものです。

ルークス芦屋クリニック