話し方で変わる、不安と、期待

ちょっとした
心理学の誘導テクニックです。

 

放置すると死亡する伝染病に、
1,000人が感染、という設定です。

その解決方法の提示の仕方によって、
受ける印象が変わる心理効果…

 

 

▼提示1
A案:300人が助かる
B案:70%の確率で全員が死亡する

▼提示2
A案:700人死亡する
B案:30%の確率で全員が助かる

 

 

どうでしょうか?

 

すべて同じことを
言っていますが、

 

多くの人は、

提示1ではA案、提示2ではB案に
期待と安心を抱きます。

 

もし、

 

リスクを伴う治療で、
患者さんが不安がっていたら、

 

この心理効果で、
少しでも安心させてあげてください。

 

説明はポジティブに説明しましょう。

 

とはいえ、

 

成功率は、高いほどいいですよね?

 

 

画期的と言われる、
あの治療方法よりも、

 

成功率が10%も高く、
さらに多くのメリットを持つ治療法があるのですが…