「健康日本21」中間評価で歯周病の項目が悪化

参考:日本歯科新聞社

 国民の健康づくりのために設けられた「健康日本21」の目標値の中間評価で、「80歳で20歯以上の自分の歯を有する者の割合の増加」等が既に34年度の目標値を達成している一方で、「歯周病を有する者の割合の減少」の項目の数値が悪化しているのが分かりました。厚労省の厚生科学審議会地域保険健康増進栄養部会の第11回「健康日本21(第二次)推進専門委員会」で示されたものです。中間評価報告書素案では全53項目中、「改善」は32項目(60.4%)、「変わらない」19項目(35.8%)、「悪化している」1項目(1.9%)、「評価困難」1項目(同)となっています。