米、トランス脂肪酸禁止…数千件の心臓発作予防

■米、トランス脂肪酸禁止…数千件の心臓発作予防

参考:2015年6月17日(水)配信 読売新聞

2015年6月16日、米食品医薬品局(FDA)は、マーガリンなどの加工食品に含まれ、心臓病の原因になると指摘されているトランス脂肪酸について、2018年6月以降に食品への添加を原則として禁止すると発表しました。 2013年時点で、FDAは規制に向けた方針を示しましたが、その後の科学的見地からの検討の結果、食品へのトランス脂肪酸の使用は「安全とは認められない」と、結論付けたのです。 また、その上でこの措置が「毎年数千件の致命的な心臓発作を防ぐことが出来る」と説明しています。 トランス脂肪酸は油脂の加工過程でできる「不飽和脂肪酸」の一種で、食品の保存期間を延ばす効果もあります。 しかし、摂取すると、悪玉コレステロール値が高まり、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こすリスクが増すとの研究結果が多く示され、2006年時点で米国食品医薬品局が食品中の含有量の表示を義務化しています。 一般の摂取量は大きく減ったものの、電子レンジで調理するポップコーンや冷凍ピザ、マーガリンやコーヒー用クリームなど、一部の食品にはまだ含まれています。 米国食品業界は、以降3年(2015年時点)の猶予期間中に、代用の添加物を調達するなどの対応が求められます。 米国で有害とされたトランス脂肪酸に対し、日本では、消費者庁によると基準値や含有量の表示義務はありません。 厚生労働省の「食事摂取基準2015年版」では「日本人のトランス脂肪酸摂取量はアメリカ人と比較するとかなり少ない」とされています。 ※摂取量は米国人では2%程度、日本人では0.3%程度とされています。 ※日本でも、消費者庁がトランス脂肪酸の情報開示指針を示し、事業者へ低減を促しました。結果、多くの食品でトランス脂肪酸含有量が大幅に減らされています。
Dr.堤より カリカリとクリスピーな歯ごたえをつくる、熱変性した油成分トランス脂肪酸がいよいよ食品添加物から消える? アメリカの食品業界では、グルテンフリー、トランスフリーなど身体に悪影響がある食品成分を除去した製品が多い。 当然加工した食品ばかりを毎日、口にしているために、肝臓に大きなストレスを掛けている。日本でも若い世代に毎日加工食品ばかりで生活していて、脳内活動が低下して、激高や、躁鬱など、軽い総合失調気味な人が増えている。 自然とIQもさがる、若年から認知症にもなるし、医食同源が大事。