【12月12日放送】探究の階段 乳がん検診に革命を起こす 

【12月12日放送】探究の階段 乳がん検診に革命を起こす 

参考:7ch テレビ東京 2019.12.12
12月12日(木) 23時4分~23時10分/7ch テレビ東京
 
乳がん検診に革命を起こす

 日本人女性の11人に1人が罹るという「乳がん」は、早期発見で治る可能性が高い病気です。

ですが、40歳以上の検診率は44.9%と低くなっています。その原因が、放射線を浴びたり、胸を挟まれる際に痛みが出る「マンモグラフィー検診」、痛みは無いが診断に高度な技術が必要な「超音波検診」といった検診方法です。

 こういった「痛み」「精度」「人材不足」という問題点を改善したいと考えました。

株式会社Lily MedTechの東志保さんは「リングエコー」という技術を使った検査方法を開発中です。リングから出る超音波で胸の情報を集め、精度の高い3次元映像を作り出すというもので、2年以内の実用化を目指しています。

 

「検診に来てほしい」という志保さんの強い思いを技術面で支えるのは夫の隆さんです。志保さんの探究の原点は、母親を悪性の脳腫瘍で亡くしたことです。志保さんは「母が倒れてから家族がボロボロになった。私のような癌遺児がなるべく苦しまないようにとの思いで企業しました」と語りました。