トゥンベリさん、怒りの演説。国連気候サミット開幕で反論できない事実を私は聞いた。日本の小泉環境大臣はsexyと言っていたが恥ずかしくなりました。あなたはトゥンベリさんの発言をどう感じますか?

(1) トゥンベリさん、怒りの演説。国連気候サミット開幕で反論できない事実を私は聞いた。日本の小泉環境大臣はsexyと言っていたが恥ずかしくなりました。あなたはトゥンベリさんの発言をどう感じますか? – Quora

私は抜粋しか読んでいないので、多分それが故のバイアスが入っていると思いますが、彼女の主張は尤もだと思います。

すべて間違っている。私はここにいるべきじゃない。学校にいるべきなのに。御尤もです。では学校に戻ればいいじゃないか、との意見も目にしますが、彼女にとっては(願わくば)長い人生、このますます不安定になっていく地球と付き合っていかねばならないのです。彼女が学校に行って、勉強して、政治家になったとして…彼女の世代は2035年までに気温上昇を止められるでしょうか。30歳で出馬したとして、2035年までに現在16年しかありません。2年では到底無理です。

なんで2035年なの?と思われると思いますが、これはちゃんと理由がありまして、とあるモデルによると今の上昇率で気温が上がっていけば気温上昇が2度を超えるのは2035年なんだそうです。これを超えてしまうとダメージを抑えるのは無理で、もう引き返すことはできない、と言う結論にこのチームは達したようです。私は天候などは専門ではないので、研究者の結論を(データを見て)納得するかしないか、しかないのですが、このままだと温暖化で最悪の結果になるのは目に見えているようです。

私たちは絶滅の始まりにあるというのに、あなたが話すのはお金や永続的な経済成長のことばかり。生物学に携わっているからこそ実感することですが、私たちは自然から隔絶された生物ではありません…

 
 
回答時の元の質問:トゥンベリさん、怒りの演説。国連気候サミット開幕で反論できない事実を読まされました。日本の小泉環境大臣はsexyと言っていたが恥ずかしくなりました。あなたはトゥンベリさんの発言をどう感じますか?

画像の右半分の人をご存知ですか?

文化大革命中、八つの「様板戯」の一つの「紅灯記」のヒロインの李鉄梅です。

The Legend of the Red Lantern – Wikipedia

同じ憎しみが満ちて歪んでいる顔ですね。

何を憎んでいるかというと、紅灯記は日中戦争を題材の様板戯で、当然その演劇の中の日本兵キャラを憎んでいるのです。文化大革命当時、様板戯以外のほぼすべての文化製品が取り締まれ、8億人がこの八つ以外何も見れなかったです。個人の自由、思想が禁止され、様板戯の擁護する共産党を擁護し、様板戯が憎む者を憎めとの時代でした。それに従わない者は反革命分子として粛清されます。1976年悪夢の終焉まで、様板戯を作った魔物たちが数千万人もの中国人を死なせました。

中国の歴史を知っている者として、このトゥンベリという女の子の動画を見るとき、正直ぞっとしました。こういう手口が実に馴染んでおり、どうしても自国の最も暗黒な1ページを思い出します。

確たる証拠もなく、生産、生活にとても重要な二酸化炭素という無害の物質を汚名化し、自分の意見に従わない研究者、政治家を問答無用で打倒しようとしていますね。「how dare you」(よくも!)を連呼し、正義の味方ぶりをしていますが、少しでも考えたら、なんの根拠もないくだらない非難であることがすぐわかりますね。二酸化炭素は有害物質でもないし、リベラルたちの温暖化信仰も唯一絶対ではありません。それに対する研究活動も、最適のエネルギー政策の制定も各国の権利であり、十分な実証を持って各自決めるべきです。大声で叫んだだけで、全世界が私の一存に従え!というのは、どこの独裁者様のつもりですか?信頼できる研究者でもなく、おそらく中学校の化学授業でもいっぱいさぼった小娘の話ならもってのほかです。

この女の子は哀れな操り人形に過ぎませんが、背後に隠れている大人たちは極めて邪悪な一群に違いありません。何を企んでいるか知りませんが、その温暖化を神聖化してなんの意見も許さないやり方は間違いなくナチス、共産主義など史上最悪の勢力に合致しています。そのまま屈したらろくなことがないだけは断定できます。また何万人の命が代償になるでしょう。

今のリベラルの外道は中国であまり人気ない理由がこれです。半世紀前でも同じ邪悪を体で体験済み、簡単に騙されるわけないですよ。今回の茶番劇を相手にしなかった日本政府にも感心しています。さすがです。