かつて北朝鮮で暮らし、現在韓国に住んでいる十代の少年少女たちにとって、独裁政権の下での暮らしはどのようはものでしたか?

Yusuke Kagose
Yusuke Kagose, WIZ*ONE
 
 

彼女はパク・ヨンミ、現在は23歳です。

多くの人が彼女を知っているはずです。彼女はアイルランドのダブリンで開かれた2014年世界ワン・ヤング・ワールド サミット[1] でスピーチを行いました。

 

彼女は北朝鮮からの亡命者であり、人権活動家であり、言うまでもなく非常に強い女性です。

2007年に中国に脱出し、2009年に韓国に定住した彼女は、教養があり政府ともつながりのある家庭の出身でしたが、家族は1990年代の北朝鮮の経済崩壊によって闇市での取引に手を染めるようになりました。

これはワン・ヤング・ワールド サミット2014での彼女のスピーチの一部です。

私は1993年生まれまです。しかし、「自由」や「人権」という言葉を知る前に、生まれると同時に拉致されたような人生でした。

私が9歳の頃、友人の母親が公開処刑されるのを見ました。彼女の罪はハリウッド映画を見たことでした。政治体制への疑いを口にすると、三世代の家族全員が投獄されたり処刑されます。

私が4歳の頃、母から鳥やネズミが聞いているから、ひそひそ話さえしてはいけないと注意をされました。私はそれを受け入れていました。北朝鮮の独裁者たちは私の心を読めていると思っていたからです。

私たちが北朝鮮から逃げてから、父は中国で亡くなりました。私は、午前3時に密かに父を埋めました。その時まだ私は14歳でした。泣くこともできませんでした。北朝鮮に送り返されるのが怖かったのです。

北朝鮮を逃げた日、母がレイプされるのを目にしました。強姦したのは、中国人のブローカーでした。彼は、最初私を襲おうとしていたのです。私は13歳でした。

北朝鮮には、「男は弱い。しかし、母親は強い。」という言葉があります。私の母は、私を守るために、レイプさせたのです。

「北朝鮮から逃げてから、父は中国で亡くなりました。私は、午前3時に密かに父を埋めました。」

上記の言葉をもう一度深く考えてみてください。

彼女はまだ14歳だったにもかかわらず、父親を秘密裏に埋葬しなければならなかった。

そのような若さで、彼女はすでにこれだけの経験をしたのです。

あまりにも酷い出来事ですよね?

毎日のように、北朝鮮の人々はひどい目にあっています。

ほとんどの人はこのような事実を知っていますが、誰もこのことに対して何もしていないように思えます。

北朝鮮は今もこのような独裁体制の下にあるのです。


このような独裁体制の下で生活するのはどんな感じですか?

やりたいことは何もできません。

ジーンズを履いてみてくはありませんか?

残念ながらできません。

似合ってると思っているからその髪型なの?

残念ながら、他は許可されていません。

犯罪を犯しましたか?

あぁ、あなたとあなたの子や孫たちも刑務所に入ることになります。

金総書記の独裁体制が気に入らないのですか?

自由にさよなら(自由などありませんでしたが)、死よこんにちは!

人生や生活は基本的には支配・管理されています。

観光客でもガイドなしでは北朝鮮国内を回ることはできません。

誰もこんな風に扱われるべきではありません

こんなことは止めさせる必要があります。今すぐ。

脚注

[1] One Young World – Wikipedia