中国で最も危険な峠道、ドリフトで攻めるピックアップ…ケン・ブロック[動画]

中国で最も危険な峠道、ドリフトで攻めるピックアップ…ケン・ブロック[動画]

参考:Response 2019.11.30

 

 

 

 

 

 

 

 

中国で最も危険な山道と言われている、天門山のつづら折の峠道、「通天大道」。モンスターエナジーがサポートするラリードライバー、ケン・ブロック(Ken Block)が、命の危険と隣り合わせの限界ドリフトを見せている。

ケン・ブロックは競技だけでなく、ビデオシリーズ『Gymkhana』(ジムカーナ)で走りを披露して人気です。このほどシリーズスピンオフの『Climbkhana _TWO』(クライムカーナ2)がフーニガン・レーシングの公式YouTube内で公開されました。

今回の舞台は通天大道。全長およそ11kmにわたって99のカーブが続きます。断崖絶壁の道路の端には小さなコンクリートブロックがあるのみです。その道をケン・ブロックはトップスピードで駆け上がっていきます。

本作でケン・ブロックが乗っているのは、昨2018年公開の『ジムカーナ10』でお披露目されて話題となった『Hoonitruck』(フーニトラック)。1977年型フォード『F-150』ピックアップを改造した、914hpのドリフトマシンです。