転職先に人気「歯科衛生士」

慢性的な人材不足に悩む歯科業界だが、最近30代以上の主婦らの転職先として注目を集めているという。
歯科はコンビニの数より多く、介護施設への訪問診療などが増えていることもあり、特に国家資格が必要な歯科衛生士の需要が急増。 働き手にとっても居住地の近くで就職口を探しやすく、家庭を持っていても働きやすい利点がある。 また、比較的収入が高く、「手に職」という自立志向を持つ人にも人気がある。

産経ニュース  2014年9月26日(金) 配信 より引用

参考記事:産経ニュース

歯科衛生士はワークスタイルを設計しやすく、地道に訓練すれば長く勤めることができる職種。 また、歯科医院も、女性のライフステージの変化に応じてでも人材確保をしたいと考えている。 「手に職」を持ちたい女性と、人材を確保したい歯科医院側の両者の思惑が一致したことによって、現在の状況が生まれているのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です