梅毒、若い女性に急増…20~24歳、昨年の2.7倍

参考:2015年11月24日 (火)配信読売新聞

性感染症「梅毒」の患者が急増し、今年は10月の時点で昨年1年間の患者数を超え、現在の調査方法になった1999年以降で最多となったことが、国立感染症研究所のまとめでわかりました。特に若い女性の増加が目立ち、妊娠中に胎児に感染すると重い障害が残る恐れもあることから、専門家は予防と早期の受診を呼びかけています。  感染研によると、梅毒患者の報告数は、10年ほど前から増加傾向にありましたが、2008年の831人をピークに10年には621人まで減りました。しかし、11年から急増し、今年はすでに2037人(10月28日時点)と、昨年1年間の1671人を超えています。女性の年齢別では20~24歳が177人で最も多く、昨年同時期に比べ2・7倍となりました。胎児に感染し、死産や障害につながる「先天梅毒」も10例報告されました。  梅毒は、患者との性的接触が主な感染ルートです。3~6週間の潜伏期間を経て、感染部分にしこりができ、それがいったん消えた後に体に発疹が現れます。抗菌薬の使用で治癒します。感染研の大西真・細菌第一部長は「不特定多数との性接触を避けることが予防につながる。妊娠初期に治療すれば胎児の感染を防げるので、疑いがあればすぐ受診してほしい」と話しています。