鳥インフル急死の謎解明 京都府立大、エボラ熱に共通か

参考:2014年12月17日(水) 配信 京都新聞 高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)の感染でニワトリが急死するメカニズムの一端を、京都府立大生命環境科学研究科の塚本教授らの研究グループが解明し、米医学誌に発 […]

エボラ疑いの発熱、厚労省「絶対に医療機関行かないで」

参考:2014年11月11日(火) 配信 朝日新聞   2014年11月13日(木) 配信 毎日新聞社   2014年11月14日(金) 配信 共同通信社 ▽エボラ疑いの発熱、厚労省「絶対に医療機関行かないで」 エボラ出 […]

エボラ可能性の男性、町中の医院に エボラ関連ニュース

10月31日、世界保健機関(WHO)によって、エボラ出血熱の治療にあたる医療従事者の着用する防護服の、新しい基準が発表されました。 現在も続くエボラ出血熱の流行。 エボラ熱の前線の医療環境はとても過酷です。 気温もとても […]

「見誤った」WHO猛省 エボラ熱で内部文書 エボラ関連ニュース

世界保健機関(WHO)は、エボラ出血熱対策について「関与したほぼ全員が、(流行拡大の)簡単な予兆を見誤った」などと指摘、無能な職員や官僚的な組織体質から初動に失敗、感染拡大を食い止められなかったと猛省する内部文書をまとめ […]

ビザ発給停止を要求 米下院外交委員長

米下院のロイス外交委員長(共和党)は、15日ケリー国務長官に書簡を送り、米国でのエボラ出血熱の感染拡大に歯止めをかけるため、西アフリカで感染が深刻なりベリアなど3か国での米国査証(ビザ)発給業務を直ちに停止するよう求めま […]

エボラ熱、週1万人増加も 西3次感染の疑い

世界保健機関(WHO)のエイルワード事務局長補は14日、西アフリカでのエボラ出血熱の感染拡大について、1週間当たりの新たな感染者数が現在の約千人から、12月上旬には5千~1万人になる恐れがあると指摘。14日の国連安全保障 […]

エボラ出血熱 危険ウイルス扱えず、感染判断は困難

エボラ出血熱への対策が国際的な課題となっています。 しかしながら、日本では感染が疑われる患者が見つかっても、制度上、取扱いが許可されていない等、ウイルスを調べる体制が整っていないため、現状では「感染の疑いの有無までしか調 […]