2巡目のがん確定30人に、甲状腺がん131人に 原発事故 当時5歳の1人、甲状腺がん疑い福島、子どもの甲状腺検査

参考:2016年6月7日 (火)配信共同通信社 2016年6月7日 (火)配信朝日新聞 2016年6月7日 (火)配信毎日新聞社  東京電力福島第1原発事故の健康への影響を調べている福島県の「県民健康調査」検討委員会が6 […]

被ばく牛は軽度ストレス 原発事故、血液検査で判明

参考:2016年5月24日 (火)配信共同通信社  東京電力福島第1原発事故で、原発から半径20キロ圏内に取り残され放射線に被ばくした牛が、軽度のストレス状態にあるとの研究結果を東北大の福本学(ふくもと・まなぶ)名誉教授 […]

福島第1原発事故 福島の子、甲状腺がん「数十倍」発見 放射線の影響否定的?

■福島第1原発事故 福島の子、甲状腺がん「数十倍」発見 放射線の影響否定的? 参考:2016年2月16日 (火) 毎日新聞社 配信 東京電力福島第1原発事故後、福島県が当時18歳以下の子どもらを対象に実施している県民健康 […]

国際『低線量でも白血病リスク』国内『被曝上限250ミリシーベルト「妥当」』

■低線量でも白血病リスク 作業員30万人を疫学調査 国際がん研究機関 参考:2015年7月2日(木)配信 共同通信社 低線量の放射線を長期間にわたって浴びることで、白血病のリスクがごくわずかながら上昇するとの疫学調査結果 […]

カナダの海岸にセシウム 米研究所、福島から放出か

参考:2015年4月7日(火) 配信 共同通信社 米ウッズホール海洋学研究所は6日、カナダ西部ブリティッシュコロンビア州の太平洋岸で、東京電力福島第1原発事故で放出されたとみられる放射性物質の、セシウム134を検出したと […]

ビタミンCで放射線障害軽減 防衛医科大、マウスで実験

参考:2015年2月5日(木) 配信 朝日新聞 強い放射線に被曝した後にビタミンCを大量投与することで、急性放射線障害が軽減されることがマウスを用いた実験で確認されたとする論文を、防衛医科大のチームが発表しました。新しい […]

2巡目検査で初のがん確定 福島の子ども甲状腺検査 疑い例は7人に

参考:2015年2月12日(木) 配信 共同通信社 福島県の全ての子どもを対象に、東京電力福島第1原発事故の放射線の影響を調べる県の甲状腺検査で、事故直後から3年目までの1巡目の検査では「異常なし」とされた子ども1人が、 […]

「美味しんぼ」に登場の医師が高知市で講演 事故後の国の責任を強調

参考:2015年1月13日(火) 配信 高知新聞 内部被ばくの危険性を訴え、福島県双葉町の放射線アドバイザーも務めた岐阜県の医師 松井英介氏が10日、高知県高知市で講演、「放射線量が高い地域住民が移住できるよう、国は保障 […]