くらしナビ・医療・健康:妊婦だからこその口腔ケア

参考:2019年12月25日 (水)配信 毎日新聞  口の中の環境が変わり、つわりで歯磨きが難しくなるなど、妊娠中は歯周病や虫歯になりやすいです。歯周病は早産のリスクが高いという報告もあり、専門家は「妊娠中でも口の中を清 […]

口の衰え、死亡リスク高める恐れ

参考:朝日新聞 2018年1月9日 東大高齢社会総合研究機構の飯島勝矢教授 川村剛志  むせることが増える、かたいものが食べづらくなるなどの「口まわり」のトラブルが、将来の死亡リスクを高める可能性があります。そんな調査結 […]

よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達に重要である可能性

参考:国立大学法人東京医科歯科大学 国立研究開発法人科学技術振興機構 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 マウスモデルで咀嚼刺激の低下が記憶・学習機能を障害するメカニズムを解明 ―よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達 […]

虫歯ミュータンス菌と認知機能の低下の関係性を解明

参考:QLifePro 2017年02月14日 コラーゲン結合能を持つミュータンス菌と認知機能の低下の関係性を解明-京都府医大

虫歯:歯が痛い時に歯医者さんに行くのは大きな間違い。世界で取り残されている日本人の歯科意識。

参考:どくらぼ 2016年11月23日 「歯医者さんは、歯が痛い時に行くトコロ」これを常識と思っているアナタは危険です。今更聞けない歯医者さんの新常識。

顎顔面インプラント学会:インプラント周囲炎への対応としてGLの指摘も

参考:ishiyaku.dentweb 2016年12月13日 日本顎顔面インプラント学会学術大会が12月2日、3日、東京医科歯科大学M&Dタワーで開催されました。インプラント治療の普及により、その恩恵を受ける患 […]

寝ても疲れがとれない 発覚!悪魔の歯ぎしり

参考:2012年11月14日放送 ためしてガッテン 寝ている時のクセ“歯ぎしり”は、周囲が迷惑なだけでなく、本人にも様々な問題を引き起こす元凶。 口の中がボロボロになるだけでなく、頭痛、腰痛、ひざ痛など全身の痛みを引き起 […]

あごの骨、手術せずに注射で増やす

参考:国際学術誌ジャーナル・オブ・デンタル・リサーチ電子版 2016年3月22日   東京医科歯科大などの研究チームがマウスで成功。歯科臨床への応用に期待  東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の青木和広准教授らは、手 […]