2021現在の販売推移、売れ筋順位発表!!!

歯ブラシの販売推移 R2.1~R3.1 商品名 合計 月平均 幅広ヘッドおすすめ歯ブラシ・ふつう 56 28.0 システマゲンキ 198 15.2 デントウエルハブラシコンパクト 120 9.2 システマゲンキF 82 […]

歯科医院はコロナ感染リスクが医療界トップ…それでも感染ゼロの理由

参考:株式会社日刊現代 2020/11/3  歯科医院では感染ゼロ 3月に世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスのパンデミックを表明、欧米諸国が緊急事態宣言を発令した頃、米国金融出版社「GOBankingRates」 […]

「未知の臓器」が人間の喉の奥から発見される

参考:gigazine 2020年10月21日 人間の鼻から咽頭にかけての領域に、これまで知られていなかった新しい臓器を発見したという報告が発表されました。発見されたのはわずか3.9cmという小さな器官で、がん細胞の研究 […]

「歯磨き」が新型コロナ予防になるのは本当なのか?【ズバリ解決 名医のお悩み相談室】

参考:日刊ゲンダイ 2020年7月14日 【ズバリ解決 名医のお悩み相談室】 2002年に流行したSARS、12年のMERSはすべて「コロナウイルス」です。この時のデータから、分かっていることがあります。歯周病菌とコロナ […]

開口抑制トレーニングを使いこなそう

反復唾液嚥下テストについて何かと反響をいただきましたので、今回はこのトレーニングについて、お伝えすることとしました。 嚥下障害の予防として、舌骨上筋群筋肉量低下が食いしばりを続けることで起きてくることを考え、30秒間に強 […]

くらしナビ・医療・健康:妊婦だからこその口腔ケア

参考:2019年12月25日 (水)配信 毎日新聞  口の中の環境が変わり、つわりで歯磨きが難しくなるなど、妊娠中は歯周病や虫歯になりやすいです。歯周病は早産のリスクが高いという報告もあり、専門家は「妊娠中でも口の中を清 […]

口の衰え、死亡リスク高める恐れ

参考:朝日新聞 2018年1月9日 東大高齢社会総合研究機構の飯島勝矢教授 川村剛志  むせることが増える、かたいものが食べづらくなるなどの「口まわり」のトラブルが、将来の死亡リスクを高める可能性があります。そんな調査結 […]

東洋紡 歯科向け骨再生誘導材 今年度内に承認申請

参考 dentwave.com 2017年10月7日    東洋紡は東北大学と共同開発している骨再生誘導材「OCP/Collagen」について、今年度内にも歯科用医療機器として国内承認申請を目指している。歯周疾 […]

よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達に重要である可能性

参考:国立大学法人東京医科歯科大学 国立研究開発法人科学技術振興機構 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 マウスモデルで咀嚼刺激の低下が記憶・学習機能を障害するメカニズムを解明 ―よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達 […]

歯周病原因菌が食道がんの進展に関与

参考:日本歯科新聞社 2017年6月11日   歯周病原因菌のフソバクテリウムが食道がんの進展・予後に関与するということを、熊本大学大学院生命科学研究部消化器外科学分野の馬場秀夫教授らの研究グループが明らかにし […]

鼻呼吸と口呼吸、脳への影響に圧倒的な差があることが判明! 記憶力から寿命、顔も激変!

参考:exciteニュース 2017年4月16日掲載 【科学】鼻呼吸と口呼吸、脳への影響に圧倒的な差があることが判明! 記憶力から寿命、顔も激変!

虫歯ミュータンス菌と認知機能の低下の関係性を解明

参考:QLifePro 2017年02月14日 コラーゲン結合能を持つミュータンス菌と認知機能の低下の関係性を解明-京都府医大

失った歯の数と動脈硬化は強く関連する―疫学調査で証明 京都大学

参考:大学ジャーナル 2017.01.04 失った歯の数と動脈硬化は強く関連する―疫学調査で証明 京都大学   京都大学の浅井啓太助教らの研究グループは、疫学調査の情報を用いて、失った歯の数と動脈硬化度に有意な […]

虫歯:歯が痛い時に歯医者さんに行くのは大きな間違い。世界で取り残されている日本人の歯科意識。

参考:どくらぼ 2016年11月23日 「歯医者さんは、歯が痛い時に行くトコロ」これを常識と思っているアナタは危険です。今更聞けない歯医者さんの新常識。

顎顔面インプラント学会:インプラント周囲炎への対応としてGLの指摘も

参考:ishiyaku.dentweb 2016年12月13日 日本顎顔面インプラント学会学術大会が12月2日、3日、東京医科歯科大学M&Dタワーで開催されました。インプラント治療の普及により、その恩恵を受ける患 […]

“子どもの歯みがき”をスマート化するグッズ「シャカシャカぶらし」登場

参考:Response 2016年5月9日 “子どもの歯みがき”をスマート化するグッズ「シャカシャカぶらし」登場

寝ても疲れがとれない 発覚!悪魔の歯ぎしり

参考:2012年11月14日放送 ためしてガッテン 寝ている時のクセ“歯ぎしり”は、周囲が迷惑なだけでなく、本人にも様々な問題を引き起こす元凶。 口の中がボロボロになるだけでなく、頭痛、腰痛、ひざ痛など全身の痛みを引き起 […]

あごの骨、手術せずに注射で増やす

参考:国際学術誌ジャーナル・オブ・デンタル・リサーチ電子版 2016年3月22日   東京医科歯科大などの研究チームがマウスで成功。歯科臨床への応用に期待  東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の青木和広准教授らは、手 […]

歯科治療・水に細菌…機器に滞留し増殖 対策不十分

参考:読売新聞 2015年8月27日   歯科治療では通常の水道水が使われていますが、治療装置の維持管理などが適切に行われないと、多くの細菌に汚染された水で治療が行われる心配があります。日本歯科医学会の作業班は […]

インフル感染助長 「口の中のケア、重要性高まる」 日大チーム発表

参考:2015年6月24日(水)配信 毎日新聞社 歯周病菌、インフル感染助長 「口の中のケア、重要性高まる」 日大チーム発表

歯ブラシがスマホと連動 サンスターが機器発売へ

参考:共同通信社  2014年12月25日  サンスターは24日、歯ブラシに取り付けて、歯磨きにかけた時間や磨き方の癖などのデータを測定する小型機器「G・U・M PLAY(ガムプレイ)」を開発したと発表しました。専用アプ […]